国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

スムーズかステップか?患者の酸素飽和度をモニターするための強化超音波検査の実験室比較 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Hum Factors.2020 Feb;62(1):124-137. doi: 10.1177/0018720819845742.Epub 2019-06-10.

スムーズかステップか?患者の酸素飽和度をモニターするための強化超音波検査の実験室比較

Smooth or Stepped? Laboratory Comparison of Enhanced Sonifications for Monitoring Patient Oxygen Saturation.

  • Renae Collett
  • Isaac Salisbury
  • Robert G Loeb
  • Penelope M Sanderson
PMID: 31180734 DOI: 10.1177/0018720819845742.

抄録

背景:

パルスオキシメータ(PO)は、麻酔科医に患者の酸素飽和度(SpO)に関する連続的な視覚および聴覚情報を提供する。しかし,麻酔科医の注意は視覚的な表示から逸脱していることが多く,従来のPO音に頼った場合,臨床医は不正確にSpO値を判断してしまうことがある.我々は、2つの閾値で突然変化する(ステップ効果)か、SpOのパーセンテージ値ごとに段階的に変化する(スムース効果)かによって、3つの離散的な臨床範囲を識別する音響強調表示を用いて、参加者がSpO値(例えば、「97%」)をよりよく識別できるかどうかを検証した。

BACKGROUND: The pulse oximeter (PO) provides anesthesiologists with continuous visual and auditory information about a patient's oxygen saturation (SpO). However, anesthesiologists' attention is often diverted from visual displays, and clinicians may inaccurately judge SpO values when relying on conventional PO auditory tones. We tested whether participants could identify SpO value (e.g., "97%") better with acoustic enhancements that identified three discrete clinical ranges by either changing abruptly at two threshold values (stepped-effects) or changing incrementally with each percentage value of SpO (smooth-effects).

方法:

臨床医以外の79名が被験者間実験に参加し、段階的効果表示を使用した被験者と平滑効果表示を使用した被験者のパフォーマンスを比較した。どちらの条件でも、参加者は、音程がSpO値に直接相関し、値が段階的に変化する72の音のシーケンスを聞いた。主な結果は、各シーケンスの最後のパルス音の絶対的なSpO値の割合(±1)を正しく識別した回答者の割合であった。

METHOD: In all, 79 nonclinicians participated in a between-subjects experiment that compared performance of participants using the stepped-effects display with those who used the smooth-effects display. In both conditions, participants heard sequences of 72 tones whose pitch directly correlated to SpO value, and whose value could change incrementally. Primary outcome was percentage of responses that correctly identified the absolute SpO percentage, ±1, of the last pulse tone in each sequence.

結果:

段階的効果音を使用した参加者は、平滑効果音を使用した参加者よりも、段階的効果音を使用した参加者の方が、絶対的なSpOパーセンテージをより正確に認識した(=53.7%)(=47.9%、=0.038)。範囲の識別および範囲間の遷移の検出は、段階的効果表示の方がさらに強い利点を示した(< .005)。

RESULTS: Participants using the stepped-effects auditory tones identified absolute SpO percentage more accurately ( = 53.7%) than participants using the smooth-effects tones ( = 47.9%, = .038). Identification of range and detection of transitions between ranges showed even stronger advantages for the stepped-effects display ( < .005).

結論:

段階的効果表示では、SpO範囲の遷移時に聴覚的な手がかりがより顕著に現れ、参加者はそこからSpOの絶対値をよりよく推測することができた。この目的のための平滑効果表示のさらなる開発は必要ない。

CONCLUSION: The stepped-effects display has more pronounced auditory cues at SpO range transitions, from which participants can better infer absolute SpO values. Further development of a smooth-effects display for this purpose is not necessary.