国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

難治性転移性神経芽腫に対するパノビノスタットと化学療法剤の併用療法とヨード131-メタヨードベンジルグアニジン療法の併用療法が奏功した | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
J Oncol Pharm Pract.2020 Mar;26(2):481-486. doi: 10.1177/1078155219852670.Epub 2019-06-02.

難治性転移性神経芽腫に対するパノビノスタットと化学療法剤の併用療法とヨード131-メタヨードベンジルグアニジン療法の併用療法が奏功した

Successful treatment of refractory metastatic neuroblastoma with panobinostat in combination with chemotherapy agents and iodine-131-meta-iodobenzylguanidine therapy.

  • Soheila Zareifar
  • Nader Shakibazad
  • Omid Reza Zekavat
  • Mohammadreza Bordbar
  • Mahdi Shahriari
PMID: 31156056 DOI: 10.1177/1078155219852670.

抄録

序論:

神経芽細胞腫では、手術、化学療法、放射線療法、免疫療法を含む複合療法が一般的に必要とされていました。

INTRODUCTION: Neuroblastoma commonly required multimodal therapy containing surgery, chemotherapy, radiotherapy, and immunotherapy.

ケースレポート:

難治性の転移性神経芽細胞腫であった我々の症例では、ヒストン脱アセチル化酵素阻害剤(パノビノスタット)を化学療法剤と併用し、ヨード131-メタ-ヨードベンジルグアニジン(MIBG)療法を行っている。

CASE REPORT: In our case, who had refractory metastatic neuroblastoma, we use histone deacetylase inhibitor (panobinostat) in combination with chemotherapy agents and iodine-131-meta-iodobenzylguanidine (MIBG) therapy.

経営と成果:

このようなアプローチで治療を成功させています。治療後のMIBG検査と骨髄検査では腫瘍の痕跡はなかった。現在は半年前に自家移植を受け、腫瘍はありません。

MANAGEMENT AND OUTCOME: This approach leads to successfully treat the patient. MIBG scan and bone marrow examination after therapy revealed no evidence of tumor. Now, she underwent autologous transplantation six months ago and free of tumor.

結論:

パノビノスタットは、MIBG療法と化学療法を併用することで、難治性の転移性神経芽腫においてアポトーシス誘導を引き起こす可能性がある。

CONCLUSION: Panobinostat can cause apoptosis induction in refractory metastatic neuroblastoma in combination with MIBG therapy and chemotherapy.