国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

腹腔鏡下手術後の腹腔鏡下括約筋再建術:実現可能性と技術的側面 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Tech Coloproctol.2019 Apr;23(4):367-372. 10.1007/s10151-019-01962-7. doi: 10.1007/s10151-019-01962-7.Epub 2019-04-15.

腹腔鏡下手術後の腹腔鏡下括約筋再建術:実現可能性と技術的側面

Laparoscopic sphincter reconstruction after abdominoperineal resection: feasibility and technical aspects.

  • H Albrecht
  • S Gretschel
PMID: 30982933 DOI: 10.1007/s10151-019-01962-7.

抄録

背景:

腹部コロストミーは、非常に低い直腸癌に対して腹腔鏡下切除術(APR)を必要とする患者のQOLが良好な選択肢として報告されている。それにもかかわらず、若くて迎合的な患者の中には、APR後の腹部コロストミーを避けることに非常に意欲的な患者もいる。新リンチンク再建としての螺旋状平滑筋カフ腹膜コロストミーは、合理的な代替手段となり得る。我々はこれまでに、APR後の従来法での一連の括約筋再建術の結果を発表してきた。大腸切除括約筋再建術の手技を発展させていく中で、腹腔鏡下手術への変更も行ってきた。

BACKGROUND: Abdominal colostomy has been reported as an option with good quality of life for patients requiring abdominoperineal resection (APR) for very low rectal cancer. Some young, compliant patients, nevertheless, are very motivated to avoid abdominal colostomy following APR. Spiral smooth muscle cuff perineal colostomy as neosphincter reconstruction can be a reasonable alternative. We have published before the results of a series of sphincter reconstruction in the conventional technique following APR. As we developed our technique for colorectal resection sphincter reconstruction, we also changed to a laparoscopic approach.
 The aim of the present study was to evaluate the feasibility of laparoscopic neosphincteric reconstruction and outline the aspects of the technique.

方法:

このレトロスペクティブ研究は、当院で低直腸癌に対して腹腔鏡下APRと括約筋再建術としての螺旋状平滑筋カフ腹膜コロストミーを6年間に施行した15名の患者を対象に実施された。術後3.7年(範囲3~9年)の中央値で追跡調査を行い、修正Holschneiderコンチニンスコア(0~16)、便の一貫性、頻度、衝動性、弁別性、警告期間、形成されたまたは流動性のある便に対する失禁、汚れ、パッドの着用、薬物、浣腸などの機能評価を行い、13~16のスコアが正常なコンチニンスであることを確認した上で、ネオスフィンガーマノメーターを用いて評価した。

METHODS: This retrospective study was conducted on 15 patients treated at our institution during a 6 year period for low rectal cancer by laparoscopic APR and spiral smooth muscle cuff perineal colostomy as sphincter reconstruction. At follow-up at a median time of 3.7 years (range 3-9 years) after surgery, patients underwent functional evaluation which included the modified Holschneider continence score (0-16), assessing consistency of stool, frequency, impulse, discrimination, warning period, incontinence for formed or fluid feces, soiling, wearing pads, drugs, enema where a score of 13-16 is associated with normal continence, as well as neosphincter manometry.

結果:

腹腔鏡下括約筋再建術は15例すべての患者で施行可能であった。15人の患者のうち2人(13%)は、浣腸後の新リンチンクの機能不全と新リンチンク穿孔のために、長期的に二次的な結腸手術を必要とした。残りの13人の患者のうち4人(30%)は、Holschneider continence score(HCS)によると、7~12のスコアで部分的に大陸性であった。残りの9人(70%)は大陸性であった(HCS:13~16)。ネオリンチンガーマノメトリーでは、安静時の圧力中央値が33cm HO(範囲30~41cm HO)、圧迫時の圧力中央値が95cm HO(範囲84~150cm HO)であった。

RESULTS: Laparoscopic sphincter reconstruction was feasible in all 15 patients. Two of the fifteen patients (13%) required secondary colostomy in the long term due to neosphincter malfunction and neosphincter perforation after enema. Four of the remaining thirteen patients (30%) were partially continent according to the Holschneider continence score (HCS) with a score of 7-12. The other 9 (70%) were continent (HCS: 13-16). Neosphincter manometry showed a median resting pressure of 33 cm HO (range 30-41 cm HO) and a median squeeze pressure of 95 cm HO (range 84-150 cm HO).

結論:

APR後の腹腔鏡下括約筋再建は、選択された患者に腹部結腸術に代わる選択肢を提供することが可能である。

CONCLUSIONS: Laparoscopic sphincter reconstruction following APR is a feasible option offering an alternative to abdominal colostomy for selected patients.