会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

エッセンシャルオイル(Blanco)底生生物の防除における幼虫殺傷力の評価。 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Pharmaceuticals (Basel).2019 Apr;12(2). E53. doi: 10.3390/ph12020053.Epub 2019-04-08.

エッセンシャルオイル(Blanco)底生生物の防除における幼虫殺傷力の評価。

Evaluation of the Larvicidal Potential of the Essential Oil (Blanco) Benth in the Control of .

  • Lizandra Lima Santos
  • Lethicia Barreto Brandão
  • Rosany Lopes Martins
  • Erica de Menezes Rabelo
  • Alex Bruno Lobato Rodrigues
  • Camila Mendes da Conceição Vieira Araújo
  • Talita Fernandes Sobral
  • Allan Kardec Ribeiro Galardo
  • Sheylla Susan Moreira da Silva de Ameida
PMID: 30965561 PMCID: PMC6630315. DOI: 10.3390/ph12020053.

抄録

本研究の目的は、葉の精油が持つ抗酸化作用、微生物学的作用、細胞毒性作用のほかに、幼虫に対する殺虫活性を示す化学成分の情報を収集することであった。化学的特性はガスクロマトグラフィーと結合した質量分析計(GC-MS)で測定した。殺幼虫活性は、世界保健機関のプロトコールに従って実施した。抗酸化活性は、2,2-ジフェニル-1-ピクリル-ヒドラジン(DPPH)の封鎖能により評価した。微生物学的評価は、臨床検査基準機構のプロトコールに準拠したマイクロダイリューション法を用いた。の幼虫に対して細胞毒性活性を評価した。 本種は以下の化合物を提示した。パチュリーアルコール(33.25%)、セイシェレン(6.12%)、α-ブルネセン(4.11%)、ポゴストール(6.33%)およびノルパッチオレノール(5.72%)は、他の物質との相乗効果により、28.43μg-mLのLCで本種の幼虫殺虫作用を有意に増強する可能性がある。抗酸化活性はなかったが,最小阻害濃度(MIC)および最小殺菌濃度(MBC)は62.5 μg-mLで,すべての細菌に対して抗菌活性を示した。また,本種は24.25μg-mLのLCで有意な毒性を示した。したがって,本種は有意な幼虫殺傷力,抗菌活性,抗酸化作用の不在,高い毒性を示した。

The objective of this work was to collect information on the chemical constituents that demonstrate the larvicidal activity against , as well as the antioxidant, microbiological, and cytotoxicity potential of the essential oil of leaves. The chemical characterization was performed by gas chromatography coupled to mass spectrometer (GC-MS). The larvicidal activity was performed according to the protocol of the World Health Organization. The antioxidant activity was evaluated through the sequestering capacity of 2,2-diphenyl-1-picryl-hydrazine (DPPH). As for the microbiological evaluation, the microdilution technique was used, according to the protocol of the Clinical and Laboratory Standards Institute. The cytotoxic activity was evaluated against the larvae of . The species presented the following compounds: Patchouli alcohol (33.25%), Seyshellene (6.12%), α-bulnesene (4.11%), Pogostol (6.33%), and Norpatchoulenol (5.72%), which was in synergy with the other substances may significantly potentiate the larvicidal action of the species with the LC of 28.43 μg·mL. There was no antioxidant activity, however, it presented antimicrobial activity against all bacteria tested with Minimum Inhibitory Concentration (MIC) and Minimum Bactericidal Concentration (MBC) of 62.5 μg·mL. The species demonstrated significant toxic action with LC of 24.25 μg·mL. Therefore, the species showed significant larvicidal potential, antimicrobial activity, the absence of antioxidant action, and high toxicity.