国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

ウシ精密切断肝切片におけるチトクローム P450 1A およびフラビンモノオキシゲナーゼアイソザイムの発現に対するフェンベンダゾールおよびトリクラベンダゾールの効果 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Vet. J..2019 Mar;245:61-69. S1090-0233(18)30304-6. doi: 10.1016/j.tvjl.2019.01.001.Epub 2019-01-15.

ウシ精密切断肝切片におけるチトクローム P450 1A およびフラビンモノオキシゲナーゼアイソザイムの発現に対するフェンベンダゾールおよびトリクラベンダゾールの効果

Effects of fenbendazole and triclabendazole on the expression of cytochrome P450 1A and flavin-monooxygenase isozymes in bovine precision-cut liver slices.

  • L Maté
  • M Giantin
  • P Viviani
  • M Ballent
  • R Tolosi
  • A Lifschitz
  • C Lanusse
  • M Dacasto
  • G Virkel
PMID: 30819427 DOI: 10.1016/j.tvjl.2019.01.001.

抄録

駆虫剤であるフェンベンダゾール(FBZ)とトリクラブベンダゾール(TCBZ)の併用により、肝斑病菌に対して高い有効性が示されている。本研究では,ウシ精密切断肝切片(PCLS)を用いた絶対定量的リアルタイム(RT)PCR法を用いて,これらの化合物の代謝に関与すると考えられるCYP1A1,CYP1A2,FMO1,FMO3の構成発現を測定することを目的とした。また、FBZおよびTCBZ(単独および併用)が前記アイソザイムの発現および活性に及ぼす影響を明らかにすることを目的とした。FMO1とFMO3の両方がコントロールPCLSで等しく発現していたが、CYP1A2はCYP1A1よりも多く発現していた(P<0.05)。βナフトフラボン(β-NF;CYP1A誘導剤)の存在下で培養したPCLSでは、CYP1A1、CYP1A2、FMO1およびFMO3のmRNAレベルが高かった(P<0.05)。駆虫剤の転写効果の明確な証拠は記録されなかった。PCLSをFBZでインキュベートした後、対照と比較して有意な増加(P<0.05)があり、CYP1A1についてはTBCZが観察された。FBZで処理したPCLSは、コントロール、TCBZ単独、およびFBZ+TCBZの組み合わせと比較して、CYP1A2の発現が高い(P<0.05)ことが示された。FMO1およびFMO3の遺伝子発現プロファイルは駆虫薬の存在によって影響を受けなかった;唯一の例外はTCBZ単独でFMO3の発現が上昇したことであった。観察された異種生物学的製剤の転写効果は、研究対象のアイソザイムのプロトタイピング基質を用いた酵素活性の上昇によっては反映されなかった。さらなる確認試験が必要であるが、これらの結果は、PCLS が牛における関連する有害物質代謝酵素の発現、調節および機能を研究するための代替的な in vitro ツールであることを示唆している。

Combinations of the anthelmintics fenbendazole (FBZ) and triclabendazole (TCBZ) have shown enhanced efficacy against the liver fluke Fasciola hepatica. This study aimed to measuring the constitutive expression of CYP1A1, CYP1A2, FMO1 and FMO3, thought to be involved in the metabolism of those compounds, by using an absolute quantitative real time (RT)-PCR approach in bovine precision-cut liver slices (PCLS). It also aimed to characterize the effects of FBZ and TCBZ (alone and in combination) on the expression and activity of the aforementioned isozymes. Both FMO1 and FMO3 were equally represented in control PCLS, whereas CYP1A2 was expressed more than CYP1A1 (P<0.05). PCLS cultured in the presence of beta naphthoflavone (β-NF; CYP1A inducer) had higher mRNA levels of CYP1A1, CYP1A2, FMO1 and FMO3 (P<0.05). No clear-cut evidence of transcriptional effects of the anthelmintics were recorded. After incubation of PCLS with FBZ, there was a significant increase (P<0.05) vs. controls and TBCZ was observed for CYP1A1. PCLS treated with FBZ showed a higher (P<0.05) expression of CYP1A2 compared to controls, TCBZ alone, and the combination FBZ+TCBZ. The gene expression profiles of FMO1 and FMO3 were not affected by the presence of the anthelmintics; the only exception was an upregulation of FMO3 by TCBZ alone. The observed transcriptional effects of the xenobiotics were not mirrored by increased enzyme activities using prototypical substrates of the isozymes under study. Although further confirmatory studies are needed, these results suggest that PCLS represent an alternative in vitro tool for studies on the expression, regulation and function of relevant xenobiotic-metabolizing enzymes in cattle.

Copyright © 2019 Elsevier Ltd. All rights reserved.