会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

Apobec3Aは長末端リピートへのエピジェネティックサイレンシング機構のリクルートを介してHIV-1の潜伏を維持している | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Proc. Natl. Acad. Sci. U.S.A..2019 02;116(6):2282-2289. 1819386116. doi: 10.1073/pnas.1819386116.Epub 2019-01-22.

Apobec3Aは長末端リピートへのエピジェネティックサイレンシング機構のリクルートを介してHIV-1の潜伏を維持している

Apobec3A maintains HIV-1 latency through recruitment of epigenetic silencing machinery to the long terminal repeat.

  • Manabu Taura
  • Eric Song
  • Ya-Chi Ho
  • Akiko Iwasaki
PMID: 30670656 PMCID: PMC6369738. DOI: 10.1073/pnas.1819386116.

抄録

HIV-1は標的細胞のゲノムに統合され、無期限に潜伏を維持する。HIV-1の潜伏維持の分子機構を解明することは、既存感染症の治療戦略に必要なことである。本研究では、アポベック3A(アポリポ蛋白質BのMRNA編集酵素触媒サブユニット3A、略称A3A)がHIV-1感染細胞内の潜伏状態を維持するために意外な役割を果たしていることを発見しました。潜伏感染細胞株におけるA3Aの過剰発現は、再活性化の低下をもたらし、A3Aのノックダウンまたはノックアウトは、自発的および誘導性のHIV-1再活性化の増加をもたらした。A3Aは、5'長さの末端リピート領域でプロウイルスDNAと結合し、KAP1とHP1をリクルートし、抑制的なヒストンマークを付与することで、HIV-1の潜伏を維持している。また、潜伏感染したヒトCD4 T細胞でA3Aをノックダウンすると、HIV-1の再活性化が促進されることを明らかにした。以上のことから、A3Aが感染CD4 T細胞におけるHIV-1の潜伏を強化するという証拠とそのメカニズムが明らかになった。

HIV-1 integrates into the genome of target cells and establishes latency indefinitely. Understanding the molecular mechanism of HIV-1 latency maintenance is needed for therapeutic strategies to combat existing infection. In this study, we found an unexpected role for Apobec3A (apolipoprotein B MRNA editing enzyme catalytic subunit 3A, abbreviated "A3A") in maintaining the latency state within HIV-1-infected cells. Overexpression of A3A in latently infected cell lines led to lower reactivation, while knockdown or knockout of A3A led to increased spontaneous and inducible HIV-1 reactivation. A3A maintains HIV-1 latency by associating with proviral DNA at the 5' long terminal repeat region, recruiting KAP1 and HP1, and imposing repressive histone marks. We show that knockdown of A3A in latently infected human primary CD4 T cells enhanced HIV-1 reactivation. Collectively, we provide evidence and a mechanism by which A3A reinforces HIV-1 latency in infected CD4 T cells.