国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

慢性骨溶解性疾患のマクロファージ免疫調節-歯周炎の場合 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
J. Leukoc. Biol..2019 03;105(3):473-487. doi: 10.1002/JLB.1RU0818-310R.Epub 2018-11-19.

慢性骨溶解性疾患のマクロファージ免疫調節-歯周炎の場合

Macrophage immunomodulation in chronic osteolytic diseases-the case of periodontitis.

  • Corneliu Sima
  • Ana Viniegra
  • Michael Glogauer
PMID: 30452781 PMCID: PMC6386606. DOI: 10.1002/JLB.1RU0818-310R.

抄録

歯周炎(PD)は、非解離性炎症に関連する他の疾患と病原性炎症性の特徴を共有する慢性の骨溶解性疾患である。PDの特徴は、炎症を介した歯槽骨の減少である。ミエロイド細胞、特に多形核好中球(PMN)とマクロファージ(Mac)は、歯肉バイオフィルムの病原性を制御し、適応免疫を活性化するとともに、非治癒性の炎症と付随組織の損傷を制御することで、PDに不可欠な役割を果たしている。自然免疫がPDの進行と治療後の治癒に重要な意味を持つことが証明されているにもかかわらず、免疫調節のための骨髄細胞マーカーとターゲットは、臨床での使用のために検証されていません。局所活性化因子に反応する単球/マックの驚くべき可塑性は、これらの細胞が炎症や組織の恒常性の回復において中心的な役割を果たすことを可能にし、PDや関節炎などの骨溶解性疾患を含む慢性炎症性疾患の管理のためのバイオマーカーや治療標的の発見の機会を提供している。炎症促進性から修復促進性まで幅広い活性化状態のスペクトルに沿って、Macは事実上すべての組織において部位特異的な方法で環境変化に応答する。このレビューでは、非分解性炎症に関連する条件の広いコンテキストでの溶骨性疾患のためのMacの免疫調節療法に関する既存の証拠を要約し、PDにおけるMacの骨免疫学的な意味合いについて議論する。

Periodontitis (PD) is a chronic osteolytic disease that shares pathogenic inflammatory features with other conditions associated with nonresolving inflammation. A hallmark of PD is inflammation-mediated alveolar bone loss. Myeloid cells, in particular polymorphonuclear neutrophils (PMN) and macrophages (Mac), are essential players in PD by control of gingival biofilm pathogenicity, activation of adaptive immunity, as well as nonresolving inflammation and collateral tissue damage. Despite mounting evidence of significant innate immune implications to PD progression and healing after therapy, myeloid cell markers and targets for immune modulation have not been validated for clinical use. The remarkable plasticity of monocytes/Mac in response to local activation factors enables these cells to play central roles in inflammation and restoration of tissue homeostasis and provides opportunities for biomarker and therapeutic target discovery for management of chronic inflammatory conditions, including osteolytic diseases such as PD and arthritis. Along a wide spectrum of activation states ranging from proinflammatory to pro-resolving, Macs respond to environmental changes in a site-specific manner in virtually all tissues. This review summarizes the existing evidence on Mac immunomodulation therapies for osteolytic diseases in the broader context of conditions associated with nonresolving inflammation, and discusses osteoimmune implications of Macs in PD.

©2018 Society for Leukocyte Biology.