会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

皮膚再生テンプレート(Integra)を用いた犬咬傷後の複雑な全厚頭皮欠損の再建。症例報告と文献レビュー | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
J. Oral Maxillofac. Surg..2019 Feb;77(2):338-351. S0278-2391(18)30987-X. doi: 10.1016/j.joms.2018.08.022.Epub 2018-09-04.

皮膚再生テンプレート(Integra)を用いた犬咬傷後の複雑な全厚頭皮欠損の再建。症例報告と文献レビュー

Reconstruction of Complex Full-Thickness Scalp Defects After Dog-Bite Injuries Using Dermal Regeneration Template (Integra): Case Report and Literature Review.

  • Vanessa Watts
  • Mikhail Daya Attie
  • Shawn McClure
PMID: 30267703 DOI: 10.1016/j.joms.2018.08.022.

抄録

目的:

本論文の目的は、腫瘍外科手術の結果として生じることが多い全厚頭皮欠損の再建における真皮再生テンプレートの現在の応用例をレビューし、犬咬傷による複雑な全厚頭皮欠損の再建に成功したことを示すことである。

PURPOSE: The purpose of this article is to review the current applications of dermal regeneration templates in reconstruction of full-thickness scalp defects, most commonly resulting from oncologic surgery, and show its success in reconstruction of a complex full-thickness scalp defect resulting from a dog-bite injury.

材料と方法:

PRISMA-P(Preferred Reporting Items for Systematic Review and Meta-Analysis Protocols)ガイドラインに準拠したシステマティックレビューを実施した。PubMed検索では、Integra、皮膚再生テンプレート、全厚頭皮欠損、犬咬傷、頭皮を含むキーワードで検索した。欠陥の大きさ、手技プロトコル、再建方法の特徴に基づいて、適格な論文を選択した。報告されたアウトカムは、経過観察、合併症、移植片採取率の報告に基づいている。この症例報告は、犬咬傷による複雑な全厚の頭皮欠損部を真皮再生テンプレートで再建したものである。

MATERIALS AND METHODS: A systematic review conforming to the Preferred Reporting Items for Systematic Review and Meta-Analysis Protocols (PRISMA-P) guidelines was completed. A PubMed search was completed using key terms including Integra, dermal regeneration template, full-thickness scalp defects, dog-bite injuries, and scalp. Eligible articles were selected based on the characteristics of defect size, procedural protocol, and reconstruction modality. Outcomes reported were based on reports of follow-up, complications, and percentage graft take. The case report presents reconstruction of a complex full-thickness scalp defect due to a dog-bite injury with a dermal regeneration template.

結果:

15の記事が含まれています。報告された年齢は2歳から93歳であった。欠損の平均サイズは6~610cmで、67%が平均50cm以上であった。すべての論文はIntegra (Integra LifeSciences, Plainsboro, NJ)をベースとした再建術の2ステージアプローチを報告しており、フォローアップ期間は5~23ヶ月であった。

RESULTS: Fifteen articles were included. Reported ages ranged from 2 to 93 years. The mean defect size ranged from 6 to 610 cm, with 67% of defects averaging more than 50 cm. All articles reported the 2-stage approach to Integra (Integra LifeSciences, Plainsboro, NJ)-based reconstruction with follow-up ranging from 5 to 23 months, with only 2 articles reporting less than 90% graft take.

結論:

細胞性真皮マトリックスは、遊離組織移植やフラップ再建に代わる再建メカニズムを提供し、医学的に複雑な患者や、小児や老人の患者にもユニークな利点を提供している。Integraをベースとした全厚の複雑な頭皮欠損の再建の成功は、Mohs外科的欠損、体幹および四肢の熱傷の再建に関連して、文献でよく報告されているが、頭部および頸部の外傷後の軟部組織欠損の再建の報告は限られている。レビューされた文献から報告された成功例と、報告された症例の臨床結果に基づいて、Integraは、適切に使用された場合には、外傷後の全厚の複雑な頭皮欠損の修復のためのアルゴリズムの中で、貴重な再建ツールであると信じています。

CONCLUSIONS: Acellular dermal matrix provides an alternative reconstructive mechanism to free tissue transfer and flap reconstruction and offers a unique advantage in the medically complex patient, as well as in pediatric and geriatric populations. Successful Integra-based reconstruction of full-thickness complex scalp defects is well reported in the literature in relation to reconstruction of Mohs surgical defects, as well as burns of the trunk and extremities; however, reports of reconstruction of post-traumatic soft tissue defects of the head and neck are limited. On the basis of the reported successes from the reviewed literature, as well as the clinical outcome of the reported case, we believe Integra to be a valuable reconstructive tool in the algorithm for repair of post-traumatic, full-thickness, complex scalp defects when used appropriately.

Copyright © 2018 American Association of Oral and Maxillofacial Surgeons. Published by Elsevier Inc. All rights reserved.