会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

眼窩浮腫。症例報告と文献の包括的レビュー。 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Ophthalmic Plast Reconstr Surg.2019 Jan/Feb;35(1):1-6. doi: 10.1097/IOP.0000000000001216.

眼窩浮腫。症例報告と文献の包括的レビュー。

Orbital Emphysema: A Case Report and Comprehensive Review of the Literature.

  • Kelsey A Roelofs
  • Victoria Starks
  • Michael K Yoon
PMID: 30130334 DOI: 10.1097/IOP.0000000000001216.

抄録

目的:

本研究の目的は、以前に設置された眼窩床インプラントが外れた機能的内視鏡下副鼻腔手術後に持続性で自己誘発性の可能性が高い眼窩気腫(OE)を発症した症例を報告し、OEの病因、病態生理、管理に関する文献をレビューすることであった。

PURPOSE: The objective of this study was to report a case of persistent and likely self-induced orbital emphysema (OE) following functional endoscopic sinus surgery with dislodgement of a previously placed orbital floor implant and to review the literature surrounding etiologies, pathophysiology, and management of OE.

方法:

症例報告と文献のレビュー。

METHODS: Case report and review of the literature.

結果と考察:

鈍的外傷による内側眼窩壁の破壊がOEの最も一般的な原因であるが、現在の文献ではさらに25の基礎的な病因が報告されている。OEの病態生理学は、基礎となる病因に多少依存するが、多くの場合、空気が眼窩に入っても出てこないような1方向のボールバルブ機構が関与している。十分な空気が軌道に入ると、中心網膜動脈閉塞症や圧迫性視神経症などの眼窩内圧の上昇に伴う二次的な合併症が起こることがある。軽度のOEの症例は一般的に観察され、ほとんどの症例は7~10日以内に消失します。中等度の症例では、多くの場合、針による減圧の可能性を考慮して、側方カントーミーとカントーリシスによって管理される。重症例では、緊急の外科的減圧が必要となることもある。OEの大部分の症例は良性で自己限定的であるが、重大な視力低下が認められた症例が文献に4件報告されている。

RESULTS AND DISCUSSION: While blunt trauma resulting in disruption of the medial orbital wall is the most common cause of OE, there are an additional 25 underlying etiologies reported in the current literature. Pathophysiology of OE is somewhat dependent on underlying etiology but often involves a 1-way ball valve mechanism such that air may enter the orbit but not exit. When sufficient air enters the orbit, complications secondary to increased intraorbital pressure, including central retinal artery occlusion and compressive optic neuropathy, can occur. Mild cases of OE are typically observed, with most resolving within 7 to 10 days. Moderate cases are often managed by lateral canthotomy and cantholysis with possible needle decompression. Severe cases may require urgent surgical decompression. While the majority of cases of OE are benign and self-limited, there have been 4 reports in the literature documenting significant vision loss.

結論:

OEを呈する患者にはしばしば外傷の既往があるが、他の多くの基礎的な病因が報告されており、いくつかの症例は自然に発症している。このように、眼窩徴候の突然の発症を呈した患者に対しては、OEを鑑別に含めるべきである。

CONCLUSIONS: Although there is often a history of trauma in patients presenting with OE, many other underlying etiologies have been reported with several cases occurring spontaneously. As such, OE should be included on the differential for a patient presenting with a sudden onset of orbital signs.