会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

根管の830nmダイオードレーザー照射が金属とファイバーポストの接着強度に及ぼす影響 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Photomed Laser Surg.2018 Aug;36(8):439-444. doi: 10.1089/pho.2017.4378.Epub 2018-05-16.

根管の830nmダイオードレーザー照射が金属とファイバーポストの接着強度に及ぼす影響

Effect of 830 nm Diode Laser Irradiation of Root Canal on Bond Strength of Metal and Fiber Post.

  • Claudia Strefezza
  • Marcello Magri Amaral
  • José Quinto
  • Sheila Cynthia Gouw-Soares
  • Claudia Bianchi Zamataro
  • Denise Maria Zezell
PMID: 29768091 DOI: 10.1089/pho.2017.4378.

抄録

目的と背景:

セメント剤の正しい選択、歯内療法用ポスト材料および配置プロトコルは、歯内療法を受けた歯の寿命を延ばすために非常に重要である。セメント後の治療前にダイオードレーザーを照射することで、抗菌効果を促進することができます。しかし、830nmダイオードレーザーのポストボンド強度への影響については情報が不足している。本研究では、連続モードまたはパルスモードで作動する830nmの高強度ダイオードレーザーによる象牙質根管照射が、セルフエッチレジン系コンポジット(パナビアF)とリン酸亜鉛セメント(ZnPO)でセメント化された金属またはファイバーポストの保持に及ぼす影響を分析した。

OBJECTIVE AND BACKGROUND: The correct selections of the cementing agent, the endodontic post material and placement protocol are critical to provide an increased longevity of the teeth that went through endodontic treatment. The irradiation with diode laser before post cementation, can promote an antimicrobial effect. However, there is a lack of information about the effect of 830 nm diode laser on the post bond strength. This study analyzed the effect of dentin root canal irradiation with high-intensity diode laser, at 830 nm, operating in continuous or pulsed mode, on the retention of metal or fiber posts, cemented with self-etching resinous composite (Panavia F) and zinc phosphate cement (ZnPO).

材料と方法:

ヒトの根をダイオードレーザー(連続モードおよびパルスモード)で照射した。ファイバーポストは、パナビアFとパナビアFまたはZnPOセメントと金属ポストでlutedした。標本は、3つのセクション(頸部、中間、および先端)に分割した。結合強度は、プッシュアウト機械的分析によって測定した。統計解析のために、三元配置のANOVA検定を適用し、p=0.05の有意水準でトゥッキーのペアワイズ比較を行った。

MATERIALS AND METHODS: Human roots were irradiated with diode laser (continuous and pulsed mode). The fiber posts were luted with Panavia F and the metal posts with Panavia F or ZnPO cement. Specimens were sectioned into three sections (cervical, middle, and apical). The bond strength was measured by a push-out mechanical analysis. For the statistical analysis, a three-way ANOVA test was applied following a Tukey's pairwise comparison with a significance level of p = 0.05.

結果:

照射群は非照射群と比較して高い接着強度を示し(p<0.05)、頸部と中間部は先端部よりも高い接着強度を示した。金属ポストとパナビアFの関連は、連続モードで照射した場合に高い接着強度を示した(p<0.05)。ファイバーポストとパナビアFはパルスモードの方が高い接着強度を示した。モードは有意な差はないようである。

RESULTS: The irradiated groups presented higher bond strength compared with nonirradiated group (p < 0.05), and the cervical and middle thirds presented higher on bond strength than the apical. The association of metal post and Panavia F presented higher bond strength when irradiated on continuous mode (p < 0.05). Fiber post and Panavia F presented higher bond strength associated to pulsed mode. The mode seems not to make a significant difference.

結論:

これらの結果は,歯の寿命を延ばすためには,象牙質と根管の結合後の接着と根管残渣の除去が重要であることを裏付けるものである.また,ダイオードレーザーを連続モードまたはパルスモードで照射することにより,象牙質とポストボンドの強度が向上することが示された.

CONCLUSIONS: These results corroborate the importance of the post bond to dentin and root canal debris removal to increase the tooth longevity. It was shown that the dentin to post bond strength were enhanced by the diode laser irradiation either on continuous or pulsed modes.