会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

アセチル-CoAカルボキシラーゼへのAMPKシグナル伝達は、絶食・寒冷誘導性食欲には必要だが、熱発育には必要ではない | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Elife.2018 02;7. e32656. doi: 10.7554/eLife.32656.Epub 2018-02-13.

アセチル-CoAカルボキシラーゼへのAMPKシグナル伝達は、絶食・寒冷誘導性食欲には必要だが、熱発育には必要ではない

AMPK signaling to acetyl-CoA carboxylase is required for fasting- and cold-induced appetite but not thermogenesis.

  • Sandra Galic
  • Kim Loh
  • Lisa Murray-Segal
  • Gregory R Steinberg
  • Zane B Andrews
  • Bruce E Kemp
PMID: 29433631 PMCID: PMC5811211. DOI: 10.7554/eLife.32656.

抄録

AMP活性化プロテインキナーゼ(AMPK)は、全身のエネルギー恒常性の調節因子として知られているが、これらの作用を媒介する下流のAMPK基質は完全には明らかにされていない。AMPKはアセチル-CoAカルボキシラーゼ(ACC)1をSerで、ACC2をSerでリン酸化することで脂肪酸合成を阻害し、脂肪酸の酸化を促進する。SerAla/SerAlaノックイン変異(ACC DKI)を持つマウスを用いて、ACCのリン酸化を阻害すると空腹時や低温曝露時に食欲が低下することを見出した。ACC DKIマウスは、低体温では正常なエネルギー消費と熱発育を維持するが、食欲は増加せず、体重は減少しなかった。本研究では、グレリン受容体拮抗薬を用いてACC DKIの表現型を野生型マウスで模倣することが可能であること、また、ACC DKIマウスではグレリンに対する排泄反応が低下していることを示し、ACC DKIマウスにはグレリンシグナル伝達の障害があることを示した。これらのデータは、ACCのリン酸化を阻害することを目的とした治療法が、代謝ストレス後の食欲を抑制する可能性を示唆している。

AMP-activated protein kinase (AMPK) is a known regulator of whole-body energy homeostasis, but the downstream AMPK substrates mediating these effects are not entirely clear. AMPK inhibits fatty acid synthesis and promotes fatty acid oxidation by phosphorylation of acetyl-CoA carboxylase (ACC) 1 at Ser and ACC2 at Ser. Using mice with SerAla/SerAla knock-in mutations (ACC DKI) we find that inhibition of ACC phosphorylation leads to reduced appetite in response to fasting or cold exposure. At sub-thermoneutral temperatures, ACC DKI mice maintain normal energy expenditure and thermogenesis, but fail to increase appetite and lose weight. We demonstrate that the ACC DKI phenotype can be mimicked in wild type mice using a ghrelin receptor antagonist and that ACC DKI mice have impaired orexigenic responses to ghrelin, indicating ACC DKI mice have a ghrelin signaling defect. These data suggest that therapeutic strategies aimed at inhibiting ACC phosphorylation may suppress appetite following metabolic stress.

© 2018, Galic et al.