会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

肉芽腫性・異物誘発性気管炎を伴うセクレタリーバード(Sagittarius serpentarius)の気管切除術 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
J. Avian Med. Surg..2017 12;31(4):308-313. doi: 10.1647/2016-223.

肉芽腫性・異物誘発性気管炎を伴うセクレタリーバード(Sagittarius serpentarius)の気管切除術

Tracheal Resection in a Secretary Bird ( Sagittarius serpentarius) with Granulomatous, Foreign-body Induced Tracheitis.

  • Carsten Ludwig
  • Imke Lueders
  • Volker Schmidt
  • Hermann Kempf
PMID: 29327961 DOI: 10.1647/2016-223.

抄録

24 歳の雌の秘書鳥(Sagittarius serpentarius)が、給餌時にのみ発生する急性の軽度の呼吸困難を呈した。抗生物質、抗真菌薬、抗寄生虫薬、抗炎症薬による初期の保存的治療にもかかわらず、呼吸困難は徐々に悪化し、重度の呼吸困難に陥った。気管のレントゲン写真では気管の尾部3分の1に狭窄が認められた.気管内視鏡検査では気管内腔の約90%が閉塞しており,軽度の気嚢アスペルギルス症が疑われた.気管切除術と気管吻合術を行い,その間に1.5cmの異常気管を切除した.病理組織学的検査では重度の肉芽腫性気管炎が認められ,異物によるものと考えられた.呼吸器症状は術後すぐに消失した。抗生物質と抗炎症剤による治療がさらに7日間続けられ、合計45日間抗真菌剤による治療が行われた。鳥は何事もなく回復した。我々は、大型の鳥小屋で管理されている高齢の大型猛禽類であっても、重度の気管狭窄に対しては気管切除術と気管吻合術を行うことを推奨する。

A 24-year-old female secretary bird ( Sagittarius serpentarius) was presented with acute, mild dyspnea occurring only during feeding times. Despite initial conservative therapy consisting of antibiotics and antifungal, antiparasitic, and anti-inflammatory drugs, the dyspnea worsened progressively, resulting in severe respiratory distress. Radiographs of the trachea suggested stenosis in the caudal one-third of the trachea. Tracheal endoscopy revealed an obstruction of approximately 90% of the tracheal lumen, in addition to mild suspected aspergillosis of the air sacs. Tracheal resection and anastomosis were performed, during which 1.5 cm of abnormal trachea was removed. Histopathologic examination showed severe granulomatous tracheitis, most likely induced by foreign body material. Respiratory signs resolved immediately postoperatively. Antibiotic and anti-inflammatory therapy continued for another 7 days and the bird was treated with antifungals for a total of 45 days. The bird recovered uneventfully. We encourage tracheal resection and anastomosis for severe tracheal stenosis even in aged, large birds of prey that are managed in large aviaries.