会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

歯科医師登録をすると、DOCTORトークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

フェニルボロン酸のマウス乳腺癌4T1細胞および扁平上皮癌SCCVII細胞に対するin vitroおよびin vivoでの抗腫瘍効果 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
J Enzyme Inhib Med Chem.2017 Dec;32(1):1299-1304. doi: 10.1080/14756366.2017.1384823.

フェニルボロン酸のマウス乳腺癌4T1細胞および扁平上皮癌SCCVII細胞に対するin vitroおよびin vivoでの抗腫瘍効果

In vitro and in vivo antitumour effects of phenylboronic acid against mouse mammary adenocarcinoma 4T1 and squamous carcinoma SCCVII cells.

  • Maja Marasovic
  • Sinisa Ivankovic
  • Ranko Stojkovic
  • Damir Djermic
  • Borivoj Galic
  • Mladen Milos
PMID: 29072095 PMCID: PMC6010135. DOI: 10.1080/14756366.2017.1384823.

抄録

フェニルボロン酸の細胞毒性活性は、マウス乳腺癌4T1、マウス扁平上皮癌SCCVII、ハムスター肺線維芽細胞V79およびマウス皮膚線維芽細胞L929細胞株を用いてin vitroで評価した。細胞毒性効果は、試験したすべての腫瘍細胞株および非腫瘍細胞株において用量依存性を示した。インビボ条件下で、腹腔内(i.p.)、腫瘍内(i.t.)および口腔内(per-oral)の3つの適用経路でフェニルボロン酸を研究した。シンジェニックマウスに腫瘍を移植した後、フェニルボロン酸は対照と比較して両腫瘍細胞株(4T1およびSCCVIII)の増殖を遅らせることが示された。抑制効果は、フェニルボロン酸の適用中に顕著であった。試験した両腫瘍細胞株において、最も顕著な抗腫瘍効果は腹腔内投与で得られ、次いで経口投与で顕著な効果が得られた。

The cytotoxic activity of phenylboroxine acid was evaluated in vitro on mouse mammary adenocarcinoma 4T1, mouse squamous cell carcinoma SCCVII, hamster lung fibroblast V79 and mouse dermal fibroblasts L929 cell lines. The cytotoxic effects were dose dependent for all tested tumour and non-tumour cell lines. Under in vivo conditions, three application routes of phenylboronic acid were studied: intra-peritoneal (i.p.), intra-tumour (i.t.) and per-oral. After tumour transplantation in syngeneic mice, phenylboronic acid was shown to slow the growth of both tumour cell lines (4T1 and SCCVII) compared with the control. The inhibitory effects were pronounced during the application of phenylboronic acid. For both tested tumour cell lines, the most prominent antitumour effect was obtained by intraperitoneal administration, followed significantly by oral administration.