会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

HIV-1感染症の管理におけるGenvoya®(エルビテグラビル、コビシスタット、エムトリシタビン、テノフォビルアラフェナミド)の有効性と安全性のレビュー | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
J Pharm Pract.2018 Apr;31(2):216-221. doi: 10.1177/0897190017710519.Epub 2017-05-30.

HIV-1感染症の管理におけるGenvoya®(エルビテグラビル、コビシスタット、エムトリシタビン、テノフォビルアラフェナミド)の有効性と安全性のレビュー

A Review of the Efficacy and Safety of Genvoya® (Elvitegravir, Cobicistat, Emtricitabine, and Tenofovir Alafenamide) in the Management of HIV-1 Infection.

  • Sara A Angione
  • Sibyl M Cherian
  • Ayşe Elif Özdener
PMID: 28558493 DOI: 10.1177/0897190017710519.

抄録

序論:

本レビューでは、HIV-1感染症の管理に用いられる単剤製剤「ゲンボヤ®」(エルビテグラビル、コビシスタット、エムトリシタビン、テノフォビルアラフェナミド[EVG/c/TAF/FTC])の有効性と安全性を評価しています。第II相および第III相無作為化臨床試験では、EVG/c/TAF/FTCとテノフォビル・ジソプロキシルフメラート(TDF)を含む群の有効性と安全性が評価されており、本レビューでは、腎障害、骨密度、代謝作用、その他の有害事象について検討しています。

INTRODUCTION: This review evaluates the efficacy and safety of Genvoya® (elvitegravir, cobicistat, emtricitabine, and tenofovir alafenamide [EVG/c/TAF/FTC]), a single-tablet regimen used for the management of HIV-1 infection. Phase II and III randomized clinical trials evaluate the efficacy and safety of EVG/c/TAF/FTC and tenofovir disoproxil fumerate (TDF)-containing arms; renal impairment, bone mineral density, metabolic effects, and other adverse events are topics explored within this review.

方法:

2016年4月までの過去5年間を対象に、MEDLINEで全文とPubMedによる文献検索を行った。

METHODS: A MEDLINE with full text and PubMed literature search was conducted for the past 5 years, up to April 2016.

結果:

48週目の時点で、EVG/c/TAF/FTC群とTDF含有群の間でウイルス学的抑制は同程度(50コピー/mL未満)であった。股関節と脊椎の骨密度はTDF含有群で有意な低下を示した。糸球体濾過率はEVG/c/TAF/FTC群で上昇し、EVG/c/TAF/FTC群に切り替えた患者では総蛋白尿、アルブミン尿、尿細管蛋白尿に有意差が認められた。主な有害事象は下痢、吐き気、頭痛であった。

RESULTS: Virologic suppression was similar between the EVG/c/TAF/FTC and TDF-containing groups (<50 copies/mL) at week 48. The bone mineral density in the hip and spine showed a significant reduction in the TDF-containing groups. The glomerular filtration rate increased in patients in the EVG/c/TAF/FTC arm and there were significant differences in total proteinuria, albuminuria, and tubular proteinuria in patients switching to EVG/c/TAF/FTC. The most common adverse events were diarrhea, nausea, and headache.

DISCUSSION:

ゲンボヤ配合レジメンは、治療未実施患者およびウイルス学的に抑制された患者において忍容性が高く、効果的である。また、軽度から中等度の腎障害を有する患者にも有効で安全であることがデータから示唆されているようです。低用量の単回経口投与レジメンでは、骨および腎の副作用が有意に減少しています。

DISCUSSION: The coformulated Genvoya regimen is well tolerated and effective in treatment-naive and virologically suppressed patients. Data seem to suggest it may also be effective and safe in patients with mild to moderate renal impairment. The lower-dosed single-tablet regimen has significantly reduced bone and renal side effects.