会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

小児急性重症下痢性脱水症におけるリンゲル乳酸と通常の生理食塩水の無作為化二重盲検試験 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
J. Pediatr. Gastroenterol. Nutr..2017 12;65(6):621-626. doi: 10.1097/MPG.0000000000001609.

小児急性重症下痢性脱水症におけるリンゲル乳酸と通常の生理食塩水の無作為化二重盲検試験

Randomized Double-blind Trial of Ringer Lactate Versus Normal Saline in Pediatric Acute Severe Diarrheal Dehydration.

  • Gayathri Bhuvaneswaran Kartha
  • Ramachandran Rameshkumar
  • Subramanian Mahadevan
PMID: 28422812 DOI: 10.1097/MPG.0000000000001609.

抄録

目的:

本研究の目的は、臨床状態とpH(≧7.35)の改善によって測定される小児急性重症下痢性脱水症の改善におけるリンゲル乳酸塩(RL)と通常の生理食塩水(NS)の有効性を比較することであった。

OBJECTIVE: The aim of this study was to compare the effectiveness of Ringer lactate (RL) versus normal saline (NS) in the correction of pediatric acute severe diarrheal dehydration, as measured by improvement in clinical status and pH (≥7.35).

方法:

急性重度の下痢性脱水症(世界保健機関[WHO]分類)を有する生後1ヶ月から12歳までの合計68名の小児をRL群(n"Zs_200A"="Zs_200A"34)とNS群(n"Zs_200A"="Zs_200A"34)に無作為に割り付け、下痢性脱水症の管理のためのWHO PLAN-Cに従って100"Zs_200A"mL/kgの割り付けられた点滴静注液を投与しました。主要転帰は、6時間後の臨床状態とpH(7.35以上)の改善であった。副次的転帰は、血清電解質、腎および血液ガスパラメータの変化、第1サイクルを除く脱水症状の改善に必要な水分量、経口栄養開始までの時間、入院期間、費用対効果の分析であった。

METHODS: A total of 68 children ages 1 month to 12 years with acute severe diarrheal dehydration (World Health Organization [WHO] classification) were randomized into RL (n = 34) and NS groups (n = 34) and received 100 mL/kg of the assigned intravenous fluid according to WHO PLAN-C for the management of diarrheal dehydration. The primary outcome was an improvement in clinical status and pH (≥7.35) at the end of 6 hours. Secondary outcomes were changes in serum electrolytes, renal and blood gas parameters, the volume of fluid required for dehydration correction excluding the first cycle, time to start oral feeding, hospital stay, and cost-effectiveness analysis.

結果:

一次転帰はRL群38%対NS群23%(相対リスク"Zs_200A"="Zs_200A"1.63、95%信頼区間0.80~3.40)で達成された。電解質、腎、血液ガスパラメータの副次的転帰には有意差は認められなかった。2 サイクル目の脱水補正を必要としたものはなかった。経口栄養開始までの時間(1.0[0.19~2.0]時間 vs 1.5[0.5~2.0]時間)と入院期間(2.0[1.0~2.0]日 vs 2.0[2.0~2.0]日)の中央値(四分位間範囲)は類似していた。総費用中央値は、NS群よりRL群の方が高かった((式はフルテキスト論文に含まれる)120[(式はフルテキスト論文に含まれる)120-(式はフルテキスト論文に含まれる)180] vs(式はフルテキスト論文に含まれる)55[(式はフルテキスト論文に含まれる)55-(式はフルテキスト論文に含まれる)82], P"Zs_200A"≤"Zs_200A"0.001)。

RESULTS: Primary outcome was achieved in 38% versus 23% (relative risk = 1.63, 95% confidence interval 0.80-3.40) in RL and NS groups, respectively. No significant differences were observed in secondary outcomes in electrolytes, renal, and blood gas parameters. None required second cycle of dehydration correction. Median (interquartile range) time to start oral feeding (1.0 [0.19-2.0] vs 1.5 [0.5-2.0] hours) and hospital stay (2.0 [1.0-2.0] vs 2.0 [2.0-2.0] days) was similar. The median total cost was higher in RL than NS group ((Equation is included in full-text article.)120 [(Equation is included in full-text article.)120-(Equation is included in full-text article.)180] vs (Equation is included in full-text article.)55 [(Equation is included in full-text article.)55-(Equation is included in full-text article.)82], P ≤ 0.001).

結論:

小児急性重症下痢性脱水症では,RLとNSを用いた蘇生は,臨床的改善と生化学的解決との関連性が類似していた。したがって,NSは臨床的改善,コスト,使用可能性の点から,選択されるべき流体であると考えられる.

CONCLUSION: In pediatric acute severe diarrheal dehydration, resuscitation with RL and NS was associated with similar clinical improvement and biochemical resolution. Hence, NS is to be considered as the fluid of choice because of the clinical improvement, cost, and availability.