会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

歯科用エアゾール中の細菌を減少させるための前処置型マウスウォッシュの有効性:無作為化臨床試験 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Braz Oral Res.2017 03;31:e21. S1806-83242017000100221. doi: 10.1590/1807-3107BOR-2017.vol31.0021.Epub 2017-03-30.

歯科用エアゾール中の細菌を減少させるための前処置型マウスウォッシュの有効性:無作為化臨床試験

Effectiveness of a pre-procedural mouthwash in reducing bacteria in dental aerosols: randomized clinical trial

  • Belén Retamal-Valdes
  • Geisla Mary Soares
  • Bernal Stewart
  • Luciene Cristina Figueiredo
  • Marcelo Faveri
  • Steven Miller
  • Yun Po Zhang
  • Magda Feres
PMID: 28380086 DOI: 10.1590/1807-3107BOR-2017.vol31.0021.

抄録

この無作為化単盲検臨床試験の目的は、セチルピリジニウムクロライド(CPC)、乳酸亜鉛(Zn)およびフッ化ナトリウム(F)を含む前処置用マウスウォッシュが、超音波スケーラーによる歯科予防処置後の口腔エアロゾル中の生菌の減少に及ぼす効果を評価することであった。歯科予防を受けている全身健康なボランティア60名を、以下の実験群のいずれかに無作為に割り付けた(各群15名)。(i) 0.075%CPC、0.28%Znおよび0.05%F(CPC+Zn+F)による洗浄、(ii)水または(iii) 0.12%クロルヘキシジンジグルコン酸塩(CHX)による洗浄、(iv)洗浄なしの実験群のいずれかに無作為に割り付けた(各群15名)。生菌は、歯科医院内の様々な場所から濃縮されたTSAプレート上に採取し、72時間嫌気的に培養した。コロニーを計数し、チェッカーボードDNA-DNAハイブリダイゼーションにより菌種を同定した。CPC+Zn+FまたはCHXでリンスしたボランティアからエアロゾル中に検出されたコロニー形成単位(CFU)の総数は、リンスしなかった被験者や水でリンスした被験者に比べて統計的に有意に(p<0.05)低かった。すべての場所を合わせて考えると、CPC+Zn+F群およびCHX群のエアロゾルは、すすぎなし群に比べて、それぞれ70%および77%のCFUの減少を示し、水ですすぎした群に比べて61%および70%のCFUの減少を示しました。また、オレンジコンプレックス由来の細菌種の平均割合は、CPC+Zn+F群およびCHX群のエアロゾルにおいて、他の2群と比較して統計的に有意(p<0.05)に低かった。結論として、CPC+Zn+Fを含有する洗口剤は、超音波スケーラーによる歯科予防後の口腔内エアロゾル中の生菌を減少させるのに有効であることが示された。

The aim of this randomized, single blinded clinical trial was to evaluate the effect of a pre-procedural mouthwash containing cetylpyridinium chloride (CPC), zinc lactate (Zn) and sodium fluoride (F) in the reduction of viable bacteria in oral aerosol after a dental prophylaxis with ultrasonic scaler. Sixty systemically healthy volunteers receiving dental prophylaxis were randomly assigned to one of the following experimental groups (15 per group): (i) rinsing with 0.075% CPC, 0.28% Zn and 0.05% F (CPC+Zn+F), (ii) water or (iii) 0.12% chlorhexidine digluconate (CHX), and (iv) no rinsing. Viable bacteria were collected from different locations in the dental office on enriched TSA plates and anaerobically incubated for 72 hours. The colonies were counted and species were then identified by Checkerboard DNA-DNA Hybridization. The total number of colony-forming units (CFUs) detected in the aerosols from volunteers who rinsed with CPC+Zn+F or CHX was statistically significantly (p<0.05) lower than of those subjects who did not rinse or who rinsed with water. When all locations were considered together, the aerosols from the CPC+Zn+F and CHX groups showed, respectively, 70% and 77% fewer CFUs than those from the No Rinsing group and 61% and 70% than those from the Water group. The mean proportions of bacterial species from the orange complex were statistically significantly (p<0.05) lower in aerosols from the CPC+Zn+F and CHX groups compared with the others two groups. In conclusion, the mouthwash containing CPC+Zn+F, is effective in reducing viable bacteria in oral aerosol after a dental prophylaxis with ultrasonic scaler.