会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

術前矯正が最小限のクラスIII患者における下顎セットバックと2顎手術の安定性を比較した。 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
J. Oral Maxillofac. Surg..2017 Jun;75(6):1240-1248. S0278-2391(17)30105-2. doi: 10.1016/j.joms.2017.01.020.Epub 2017-01-30.

術前矯正が最小限のクラスIII患者における下顎セットバックと2顎手術の安定性を比較した。

Comparing Stability of Mandibular Setback Versus 2-Jaw Surgery in Class III Patients With Minimal Presurgical Orthodontics.

  • Brent E Larson
  • Nam-Ki Lee
  • Moon-Jung Jang
  • Pil-Young Yun
  • Jong-Wan Kim
  • Young-Kyun Kim
PMID: 28232010 DOI: 10.1016/j.joms.2017.01.020.

抄録

目的:

本研究の目的は、骨格クラスIIIの患者を対象に、下顎セットバック手術(MS)と2顎手術(2J)とミニマムプリザージャブル矯正(MPO)との間で、治療期間と骨格の安定性を比較することであった。

PURPOSE: The aim of this study was to compare treatment time and skeletal stability between mandibular setback surgery (MS) and 2-jaw surgery (2J) with minimal presurgical orthodontics (MPO) in patients with skeletal Class III.

材料と方法:

このレトロスペクティブ・コホート研究には、整形外科手術を受けた患者 194 例が登録された。連続した患者は、標準化された包含基準に基づいて選択された。下顎前突症を伴うクラスIIIの不正咬合、手術の種類、6"Zs_A0"months(MPO)未満の非抜歯による術前矯正を行った患者であった。手術前(T0)、手術後1"Zs_A0"月後(T1)、デボンディング時(T2)に側方セファログラムを撮影した。骨格歯組織における手術後の変化(T0~T1)と手術後の変化(T1~T2)を評価するために、線形、角度、歯列の測定値を対のt検定と独立t検定を用いて分析した。

MATERIALS AND METHODS: One hundred ninety-five patients who underwent orthognathic surgery were enrolled in this retrospective cohort study. Consecutive patients were selected based on standardized inclusion criteria: Class III malocclusion with mandibular prognathism, surgery type, and presurgical orthodontics with non-extraction for less than 6 months (MPO). Lateral cephalograms were taken before surgery (T0), 1 month after surgery (T1), and at debonding (T2). To evaluate surgical changes (T0 to T1) and postsurgical changes (T1 to T2) in skeletodental tissue, linear, angular, and dental measurements were analyzed using paired t test and independent t test.

結果:

MS-MPO群(n"Zs_A0"=16)と2J-MPO群(n"Zs_A0"="Zs_A0"15)に31例を割り付けた。2J-MPO群では、MS-MPO群に比べて、術後矯正治療と総手術・矯正治療の期間が短かった。2J-MPO群では、T0からT1まで上顎の前進と優勢なインパクションを示したが、2群間で下顎を時計回りに回転させた後動では統計的な差は認められなかった。また、T1からT2にかけて、MS-MPO群と2J-MPO群では、下顎の前方・上方運動と反時計回りの回転が認められたが、グループ間の差は認められなかった。

RESULTS: Thirty-one patients were allocated to the MS-MPO group (n = 16) and the 2J-MPO group (n = 15). The 2J-MPO group showed a shorter duration of postsurgical orthodontic and total surgical and orthodontic treatment than the MS-MPO group. Although the 2J-MPO group exhibited advancement and superior impaction of the maxilla from T0 to T1, posterior movement with clockwise rotation of the mandible between the 2 groups did not show a statistical difference. In addition, from T1 to T2, the MS-MPO and 2J-MPO groups presented forward and upward movement and counterclockwise rotation of the mandible, but no intergroup difference was found.

結論:

MS-MPO群と2J-MPO群では、下顎の水平方向と垂直方向の安定性が類似していた。しかし、2J-MPO群はMS-MPO群に比べて外科手術と矯正治療の期間が短かった。

CONCLUSIONS: The MS-MPO and 2J-MPO groups showed similar horizontal and vertical mandibular stability. However, the 2J-MPO group presented a shorter surgical and orthodontic treatment time than the MS-MPO group.

Copyright © 2017 American Association of Oral and Maxillofacial Surgeons. Published by Elsevier Inc. All rights reserved.