会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

ヒト好中球FcγRIとFcγRIIIの発現は変化しているが、FcγRIIの発現は変化していない | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Coron. Artery Dis..2017 Jan;28(1):63-69. doi: 10.1097/MCA.0000000000000425.

ヒト好中球FcγRIとFcγRIIIの発現は変化しているが、FcγRIIの発現は変化していない

Altered human neutrophil FcγRI and FcγRIII but not FcγRII expression is associated with the acute coronary event in patients with coronary artery disease.

  • Na Zhao
  • Lan Mi
  • Yaping Zhang
  • Na Li
  • Jiaojiao Xu
  • Dongyu Xia
  • Junkui Wang
  • Yue Wu
  • Xiaojun Liu
PMID: 27604056 DOI: 10.1097/MCA.0000000000000425.

抄録

目的:

好中球は動脈硬化性プラークの不安定性を促進することが急性冠症候群(ACS)患者で観察されている。一般に、病変部における好中球の活性化は、免疫複合体中の免疫グロブリンG抗体とFcγ受容体(FcγR)の相互作用に依存している。しかし、ACS患者の好中球におけるFcγR発現の変化は不明である。我々は、ACS患者の好中球におけるFcγR発現の変化を評価することを目的とした。

OBJECTIVE: Neutrophils enhancing atherosclerotic plaque instability have been observed in patients with acute coronary syndrome (ACS). Generally, activation of neutrophils in lesions depends on the interaction of Fcγ receptors (FcγRs) with immunoglobulin G antibodies in immune complexes. However, altered FcγR expression on neutrophils of patients with ACS is unknown. We aimed to evaluate changes in FcγR expression on neutrophils of patients with ACS.

方法:

急性心筋梗塞(AMI),不安定狭心症(UA),安定狭心症,正常冠動脈の4群に分けた106例を登録した.好中球上のFcγRI、FcγRII、FcγRIII、および関連する上流リガンドと下流分子の発現をフローサイトメトリーおよび酵素結合免疫吸着アッセイで測定した。

METHODS: We enrolled 106 patients who were divided into four groups: acute myocardial infarction (AMI), unstable angina (UA), stable angina, and normal coronary arteries. The expressions of FcγRI, FcγRII, and FcγRIII on neutrophils and related upstream ligand and downstream molecules were measured by flow cytometry and enzyme-linked immunosorbent assay.

結果:

未結合FcγRIの発現はAMI患者とUA患者で有意に減少し、未結合FcγRIIIの発現はAMI患者で有意に減少したが、未結合FcγRIIの発現は4群間で差がなかった。一方、抗酸化LDL抗体、ミエロペルオキシダーゼ、マトリックスメタロプロテアーゼ-9、好中球ゼラチナーゼ関連リポカリンの血漿中濃度は、AMIとUAで安定狭心症患者と正常冠動脈患者に比べて有意に高かった。

RESULTS: The expression of unbound FcγRI was significantly decreased in AMI and UA patients and that of unbound FcγRIII was significantly decreased in AMI patients, with no difference in the expression of unbound FcγRII among the four groups. In contrast, plasma levels of antioxidized LDL antibody, myeloperoxidase, matrix metalloproteinase-9, and neutrophil gelatinase-associated lipocalin were significantly greater in AMI and UA than in stable angina and normal coronary arteries patients.

結論:

ACS患者の好中球では、未結合のFcγRIとFcγRIIIの発現が低下しており、動脈硬化性プラークの不安定化におけるFcγRIとFcγRIIIの発現障害の役割を反映していると考えられた。これらの知見は、ACS患者における好中球FcγRのプラーク関連活性化の原因となるメカニズムを明らかにするものである。

CONCLUSION: Unbound FcγRI and FcγRIII expression was decreased on neutrophils of patients with ACS, which reflects a potential role of disturbed FcγRI and FcγRIII expression in the destabilization of atherosclerotic plaque. Our findings may provide insight into the mechanism underlying culprit plaque-relevant activation of neutrophil FcγRs in ACS patients.