会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

歯科医師登録をすると、DOCTORトークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

肝細胞がんにおけるインターロイキンエンハンサー結合因子2の発現と重要な役割 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Int J Mol Sci.2016 Aug;17(8). E1373. doi: 10.3390/ijms17081373.Epub 2016-08-22.

肝細胞がんにおけるインターロイキンエンハンサー結合因子2の発現と重要な役割

Expression and Critical Role of Interleukin Enhancer Binding Factor 2 in Hepatocellular Carcinoma.

  • Shaobing Cheng
  • Xu Jiang
  • Chaofeng Ding
  • Chengli Du
  • Kwabena Gyabaah Owusu-Ansah
  • Xiaoyu Weng
  • Wendi Hu
  • Chuanhui Peng
  • Zhen Lv
  • Rongliang Tong
  • Heng Xiao
  • Haiyang Xie
  • Lin Zhou
  • Jian Wu
  • Shusen Zheng
PMID: 27556459 PMCID: PMC5000768. DOI: 10.3390/ijms17081373.

抄録

転写因子であるインターロイキンエンハンサー結合因子2(ILF2)は、mRNAの安定化を阻害することで細胞の増殖を制御しています。現在では、その役割が腫瘍化過程の因子として認知されてきています。しかし、肝細胞がん(HCC)におけるILF2の詳細な役割については、これまでほとんど知られていませんでした。本研究では、肝細胞がん組織における ILF2 の発現レベルをウエスタンブロットおよび免疫組織化学的アッセイで調べた。肝癌細胞の増殖およびアポトーシスに対する ILF2 の影響を調べるために、ILF2 を標的とした低分子干渉 RNA(siRNA)を組み換えてレンチウイルス過剰発現ベクターを作製した。その結果、HCC組織では、マッチした腹膜組織と比較して、ILF2 mRNAおよびILF2タンパク質の発現レベルが高いことが示された。ILF2の発現は、B細胞リンパ腫2(Bcl-2)、Bcl-2関連卵巣キラー(Bok)、Bcl-2関連Xタンパク質(BAX)、アポトーシス1(cIAP1)の制御を介して、肝がん細胞の増殖とアポトーシスを制御している可能性がある。さらに、ヌードマウスに肝臓癌細胞を接種し、生体内でのILF2の腫瘍形成への影響を調べた。その結果、Flag-ILF2をコードするレンチウイルスベクター(Lenti-ILF2)を接種したがん細胞は、対照細胞に比べて急速に増殖した。これらの結果は、HCCにおける治療標的としてのILF2の潜在的な役割の理解を促進するものである。

Interleukin enhancer binding factor 2 (ILF2), a transcription factor, regulates cell growth by inhibiting the stabilization of mRNA. Currently, its role has gained recognition as a factor in the tumorigenic process. However, until now, little has been known about the detailed role ILF2 plays in hepatocellular carcinoma (HCC). In this study, we investigated the expression levels of ILF2 in HCC tissue with Western blot and immunohistochemical assays. To examine the effect of ILF2 on liver cancer cell growth and apoptosis, small interfering RNAs (siRNAs) targeting ILF2 were recombined to create lentiviral overexpression vectors. Our results showed higher expression levels of ILF2 mRNA and ILF2 protein in HCC tissue compared with matched peritumoral tissue. Expression of ILF2 may regulate cell growth and apoptosis in liver cancer cells via regulation of B-cell lymphoma 2 (Bcl-2), Bcl-2 related ovarian killer (Bok), Bcl-2-associated X protein (BAX), and cellular inhibitor of apoptosis 1 (cIAP1). Moreover, we inoculated nude mice with liver cancer cells to investigate the effect of ILF2 on tumorigenesis in vivo. As expected, a rapid growth was observed in cancer cells inoculated with a lentiviral vector coding Flag-ILF2 (Lenti-ILF2) compared with the control cells. Hence, these results promote a better understanding of ILF2's potential role as a therapeutic target in HCC.