会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

再発性多発性硬化症患者における腸管透過性の変化。パイロット研究 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Mult. Scler..2017 Mar;23(3):442-446. 1352458516652498. doi: 10.1177/1352458516652498.Epub 2016-07-11.

再発性多発性硬化症患者における腸管透過性の変化。パイロット研究

Altered intestinal permeability in patients with relapsing-remitting multiple sclerosis: A pilot study.

  • Maria Chiara Buscarinu
  • Benedetta Cerasoli
  • Viviana Annibali
  • Claudia Policano
  • Luana Lionetto
  • Matilde Capi
  • Rosella Mechelli
  • Silvia Romano
  • Arianna Fornasiero
  • Gianluca Mattei
  • Eleonora Piras
  • Daniela Francesca Angelini
  • Luca Battistini
  • Maurizio Simmaco
  • Renato Umeton
  • Marco Salvetti
  • Giovanni Ristori
PMID: 27270497 DOI: 10.1177/1352458516652498.

抄録

背景:

腸管透過性(IP)の変化は免疫介在性疾患の病態生理に関与している可能性がある。

BACKGROUND: Alterations of intestinal permeability (IP) may contribute to the pathophysiology of immune-mediated diseases.

目的:

我々は、IPの変化と多発性硬化症(MS)との関連の可能性を調査した。

OBJECTIVE: We investigated the possible association between IP changes and multiple sclerosis (MS).

方法:

我々は、再発寛解性多発性硬化症(RRMS)患者22人と、年齢と性別をマッチさせた健常者(HD)18人を対象に、5組の双子のペア(1組は一致、4組は疾患の不一致)を含む研究を行った。経口負荷後の尿サンプル中のラクチュロース(L)とマンニトール(M;2つの非代謝糖)レベルを測定することで、腸の機能障害を定量化することができた。

METHODS: We studied 22 patients with relapsing-remitting multiple sclerosis (RRMS) and 18 age- and sex-matched healthy donors (HDs), including five twin pairs (one concordant, and four discordant for disease). Measurement of lactulose (L) and mannitol (M; two non-metabolized sugars) levels in urine samples, after an oral load, allowed to quantify gut dysfunction.

結果:

尿中濃度が上昇した患者の割合は、HD群に比べて有意に高かった(16/22(73%)対5/18(28%)、p=0.001)。その結果、L/M尿中比は対照群に比べて患者群で有意に高い値を示した(p=0.0284)。尿中マンニトール濃度は対照群に比べて患者で有意に低かった(p=0.022)ことから、腸管腔からの吸収不足が示唆された。このような変化は、患者の臨床放射線学的特徴とは関連していないようであった。

RESULTS: The proportion of participants with increased IP was significantly higher in patients than in HDs (16/22 (73%) versus 5/18 (28%); p = 0.001). Accordingly, the L/M urinary ratio showed significantly higher values in patients than in controls ( p = 0.0284). Urinary mannitol concentration was significantly lower in patients than in controls ( p = 0.022), suggesting a deficit of absorption from intestinal lumen. Such changes did not appear related to patients' clinical-radiological features.

結論:

RR-MS患者のIP変化の割合が比較的高いことは、我々の仮説を裏付けるものであり、より大規模なサンプルでこの結果を確認し、関連する免疫学的障害や腸内細菌叢の変化との関連を理解するために、さらなる研究を行う必要がある。また、最近臨床現場で導入された経口治療にも関連性があると考えられる。

CONCLUSION: The relatively high proportion of IP changes in RR-MS patients seems to confirm our work hypothesis and warrants more work to confirm the result on a larger sample, and to understand the implications for related immunological disturbances and intestinal microbiota alterations. Our finding may also have relevance for oral treatments, recently introduced in clinical practice.