会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

マイクロケラトームを用いた2ピースのキノコ角膜形成術は、疾患のある梗塞と健康な内皮を持つ眼に行われた移植片の成績と生存率を向上させます(米国眼科学会論文) | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Trans Am Ophthalmol Soc.2015;113:T1.

マイクロケラトームを用いた2ピースのキノコ角膜形成術は、疾患のある梗塞と健康な内皮を持つ眼に行われた移植片の成績と生存率を向上させます(米国眼科学会論文)

A Two-Piece Microkeratome-Assisted Mushroom Keratoplasty Improves the Outcomes and Survival of Grafts Performed in Eyes with Diseased Stroma and Healthy Endothelium (An American Ophthalmological Society Thesis).

  • Massimo Busin
  • Silvana Madi
  • Vincenzo Scorcia
  • Paolo Santorum
  • Yoav Nahum
PMID: 26538771 PMCID: PMC4597759.

抄録

目的:

2ピースのキノコ状グラフトを移植した新しいマイクロケラトーム支援貫通角膜形成術(PK)が、従来のPKよりも優れた視覚的転帰とグラフト生存率をもたらす可能性があるという仮説を検証することを目的とした。

PURPOSE: To test the hypothesis that a new microkeratome-assisted penetrating keratoplasty (PK) technique employing transplantation of a two-piece mushroom-shaped graft may result in better visual outcomes and graft survival rates than those of conventional PK.

方法:

2004年から2012年の間に当院でキノコPKを受けたローリスク96例とハイリスク76例の免疫学的拒絶反応を起こした96例(いずれも全厚の中心角膜混濁とそれ以外の健康な内皮を有する)を対象に、レトロスペクティブなカルテレビューを行った。アウトカム指標は、最高補正視力(BCVA)、屈折率、角膜地形、内皮細胞密度、移植片拒絶反応、生存確率であった。

METHODS: Retrospective chart review of 96 eyes at low risk and 76 eyes at high risk for immunologic rejection (all with full-thickness central corneal opacity and otherwise healthy endothelium) undergoing mushroom PK between 2004 and 2012 at our Institution. Outcome measures were best-corrected visual acuity (BCVA), refraction, corneal topography, endothelial cell density, graft rejection, and survival probability.

結果:

術後5年後のBCVAは20/40/40、20/20/20で、それぞれ100%の眼と50%以上の眼で記録された。平均球面換算屈折率は5年間で有意な変化はなく、乱視は平均して常に4ディオプター以下で、時間の経過とともに統計的に有意な変化はなく、90%以上の眼で規則的な屈折率であった。内皮細胞密度はキノコPKの2年後にはアイバンク数の約40%に減少し、その後も有意な変化はなかった。術後5年後の移植片免疫拒絶の確率は5%以下、移植片生存率は95%以上であった。低リスク群と高リスク群の間では、内皮細胞喪失、移植片拒絶、生存確率に統計学的に有意な差は認められなかった。

RESULTS: Five years postoperatively, BCVA of 20/40 and 20/20 was recorded in 100% and over 50% of eyes, respectively. Mean spherical equivalent of refractive error did not vary significantly over a 5-year period; astigmatism averaged always below 4 diopters, with no statistically significant change over time, and was of the regular type in over 90% of eyes. Endothelial cell density decreased to about 40% of the eye bank count 2 years after mushroom PK and did not change significantly thereafter. Five years postoperatively, probabilities of graft immunologic rejection and graft survival were below 5% and above 95%, respectively. There was no statistically significant difference in endothelial cell loss, graft rejection, and survival probability between low-risk and high-risk subgroups.

結論:

キノコPKの屈折率と視力は従来の全厚角膜形成術と比較して良好な結果が得られました。免疫拒絶反応のリスクが高い眼では、キノコPKは従来のPKよりもかなり高い確率で移植片の生存率が得られます。

CONCLUSIONS: Refractive and visual outcomes of mushroom PK compare favorably with those of conventional full-thickness keratoplasty. In eyes at high risk for immunologic rejection, mushroom PK provides a considerably higher probability of graft survival than conventional PK.