国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

ベクターを媒介とする感染症とそのベクターの地理的範囲:アフリカの野生生物の役割 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Rev. - Off. Int. Epizoot..2015 Apr;34(1):139-49. doi: 10.20506/rst.34.1.2350.

ベクターを媒介とする感染症とそのベクターの地理的範囲:アフリカの野生生物の役割

Geographic range of vector-borne infections and their vectors: the role of African wildlife.

  • M van Vuuren
  • B L Penzhorn
PMID: 26470454 DOI: 10.20506/rst.34.1.2350.

抄録

家畜における媒介感染症の発生におけるアフリカの野生動物の役割は、世界的に新興・再興感染症の発生率が高まっていることから、改めて関心を集めています。アフリカでは、生物多様性の保全や家畜生産の拡大により、野生動物と家畜との間で媒介感染症を媒介するリスクが高まっている。リフトバレー熱ウイルス、アフリカ馬病ウイルス、ブルートンウイルス、塊状皮膚病ウイルス、アフリカ豚熱ウイルス、血を媒介とする寄生虫など、越境の可能性を持つアフリカ土着病原体が最も注目されている。アフリカの野生動物における持続的な媒介性ウイルス感染症の証拠はありません。いくつかのウイルス感染症では、野生動物は、軽度または不顕性の症状を示すウイルスの伝染性間循環を介して、リザーバーとして機能することがあります。野生動物はまた、新しい地域に移動したときに、例えば、塊状皮膚病ウイルス、リフトバレー熱ウイルス、ウエストナイルウイルスなどのように、宿主の導入や輸送の役割を果たすこともあります。野生動物はまた、ベクターが活発な暖かい季節の初期にウイルスにさらされた場合、増幅宿主として作用することがあり、季節の後半には家畜にも波及することがあります。家畜に生息するマダニの中には、野生動物の宿主により多く生息しているものもありますが、野生動物の宿主に依存してライフサイクルを終えるものもいます。病気の蔓延が安定しているかどうかは、家畜が早期に感染するように十分な数のマダニの個体数に依存しているため、マダニの数を増加させる野生動物の宿主の存在が有益である可能性があります。多くの野生のアンゲラート種はAnaplasma spp.の貯留地となっているが、心水(Ehrlichia ruminantium感染)の疫学における野生動物の役割は明らかにされていない。野生の動物は通常、家畜に影響を与えるピロプラズマの貯留地ではないが、2つの例外がある:Babesia caballiとTheileria equiの貯留地であるシマウマとTheileria parvaの貯留地である水牛である。後者はバッファローの牛から感染するとコリドー病を引き起こすが、これは少なくともアフリカ南部では自己限定的な状態であるように見える。野生動物は、ツェツェ感染の重要な貯蔵庫である。いくつかのツェツェ種、例えばGlossina morsitansとG. pallidipesの分布と豊富さは、それらの好ましい野生動物の宿主の発生に密接に関連しています。

The role of African wildlife in the occurrence of vector-borne infections in domestic animals has gained renewed interest as emerging and re-emerging infections occur worldwide at an increasing rate. In Africa, biodiversity conservation and the expansion of livestock production have increased the risk of transmitting vector-borne infections between wildlife and livestock. The indigenous African pathogens with transboundary potential, such as Rift Valley fever virus, African horse sickness virus, bluetongue virus, lumpy skin disease virus, African swine fever virus, and blood-borne parasites have received the most attention. There is no evidence for persistent vector-borne viral infections in African wildlife. For some viral infections, wildlife may act as a reservoir through the inter-epidemic circulation of viruses with mild or subclinical manifestations. Wildlife may also act as introductory or transporting hosts when moved to new regions, e.g. for lumpy skin disease virus, Rift Valley fever virus and West Nile virus. Wildlife may also act as amplifying hosts when exposed to viruses in the early part of the warm season when vectors are active, with spillover to domestic animals later in the season, e.g. with bluetongue and African horse sickness. Some tick species found on domestic animals are more abundant on wildlife hosts; some depend on wildlife hosts to complete their life cycle. Since the endemic stability of a disease depends on a sufficiently large tick population to ensure that domestic animals become infected at an early age, the presence of wildlife hosts that augment tick numbers may be beneficial. Many wild ungulate species are reservoirs of Anaplasma spp., while the role of wildlife in the epidemiology of heartwater (Ehrlichia ruminantium infection) has not been elucidated. Wild ungulates are not usually reservoirs of piroplasms that affect livestock; however, there are two exceptions: zebra, which are reservoirs of Babesia caballi and Theileria equi, and buffalo, which are reservoirs of Theileria parva. The latter causes Corridor disease when transmitted from buffaloto cattle, butthis appearsto be a self-limiting condition, at least in southern Africa. Wild animals are important reservoirs of tsetse-transmitted Trypanosoma spp. infection. The distribution and abundance of some tsetse species, e.g. Glossina morsitans and G. pallidipes, are closely related to the occurrence of their preferred wildlife hosts.