会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

中央カリフォルニア州のニワトリおよび七面鳥からのOrnithobacterium rhinotrachealeの分離に関するレトロスペクティブ研究:294例(2000年~12年) | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Avian Dis..2015 Mar;59(1):130-7. doi: 10.1637/10935-091114-regr.

中央カリフォルニア州のニワトリおよび七面鳥からのOrnithobacterium rhinotrachealeの分離に関するレトロスペクティブ研究:294例(2000年~12年)

Retrospective Study on the Isolation of Ornithobacterium rhinotracheale from Chickens and Turkeys in Central California: 294 cases (2000-12).

  • R Hauck
  • R P Chin
  • H L Shivaprasad
PMID: 26292546 DOI: 10.1637/10935-091114-regr.

抄録

Ornithobacterium rhinotracheale(オルニトバクテリウム・リノトラヒエール)は棒状のグラム陰性菌であり,ほとんどが酸化酵素陽性菌である.本報告では、2000年から2012年までの間にカリフォルニア州中部の七面鳥または鶏から分離された294例を分析した。そのうち226例は七面鳥から、78例は鶏から分離されたものであった。七面鳥の年齢中央値は8.7週齢、鶏の年齢中央値は6.4週齢であった。七面鳥からのO. rhinotrachealeの分離率は、それ以外の時期よりも8月から1月の方が高かった。ニワトリの症例は年間を通してより均等に分布していた。最も分離率が高かった臓器は眼窩下副鼻腔と気管で、次いで肺と気嚢であった。他の臓器からの分離はまれであった。純培養は鶏の臓器よりも七面鳥の臓器の方が比較的多かった。純粋培養物が得られる可能性が最も高かったのは気嚢でした。108 の七面鳥の群れ(50.0%)と 64 の鶏の群れ(82.1%)で、少なくとも 1 つの他の呼吸器病原体が検出されました。最も一般的な病変は、気管内の粘液の増加、気嚢内のケース状または線溶性滲出液、肺炎を示す肺の連結、肺のうっ血・浮腫、気管の扁平化であった。ほとんどのタイプの病変について、罹患した七面鳥の割合は罹患した鶏の割合よりも高かった。他の呼吸器病原体が存在する場合には、病変を有する鳥の割合が高かった。全体的に、宿主種(七面鳥または鶏)は、他の呼吸器病原体の検出よりも、ほとんどの病変の有病率に重要な因子であった。副鼻腔および気管における最も一般的な病理組織学的病変は、異種菌性または単核炎症性細胞浸潤であった。肺および気嚢では、炎症は異種菌浸潤および/またはフィブリンの蓄積によって特徴づけられた。これらの結果は、O. rhinotrachealeの分離に最適なサンプルの選択に役立つ。さらに、七面鳥やニワトリにおける本菌の発生率と、O. rhinotrachealeに感染した後に予想される病変を示し、いくつかのケースではO. rhinotrachealeが主要な、あるいは少なくとも主要な病原体となりうることを示しています。

Ornithobacterium rhinotracheale is a rod-shaped, gram-negative, and mostly oxidase-positive bacterium that causes respiratory infections in chickens and turkeys worldwide and can also spread to nonrespiratory organs. The present report analyzes 294 cases in which O. rhinotracheale was isolated from turkeys or chickens in central California in the years 2000 through 2012. Two hundred sixteen cases were from turkey flocks and 78 from chicken flocks. The median age of turkey flocks was 8.7 wk; the median age of chicken flocks was 6.4 wk. From turkeys, O. rhinotracheale was more often isolated from August to January than during the rest of the year. Chickens cases were more evenly distributed throughout the year. The organs with the highest isolation rate were the infraorbital sinus and trachea, followed by lungs and air sacs. Isolation from other organs was rare. Pure cultures were obtained from relatively more turkey organs than chicken organs. The organ from which there was the highest chance to obtain a pure culture was the air sac. In 108 turkey flocks (50.0%) and 64 chicken flocks (82.1%) at least one other respiratory pathogen was detected. The most common gross lesions were increased mucus in trachea, caseous or fibrinous exudate in the air sacs, consolidated lungs indicating pneumonia, congested and edematous lungs, and a flattened trachea. For most types of lesions, the percentage of affected turkeys was higher than the percentage of affected chickens. The percentage of birds with lesions was higher if other respiratory pathogens were present. Overall, the host species (turkey or chicken) was a more important factor for the prevalence of most lesions than the detection of other respiratory pathogens. The most common histopathologic lesions in the sinus and trachea were heterophilic or mononuclear inflammatory cell infiltration. In the lungs and air sacs, the inflammation was characterized by heterophilic infiltration and/or fibrin accumulation. These results are helpful in selecting the most appropriate samples for isolation of O. rhinotracheale. In addition, they show the incidence of the bacterium in turkeys and chickens and which lesions can be expected after infection with O. rhinotracheale, and they indicate that in some cases O. rhinotracheale can be the primary, or at least the major, pathogen.