会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

消化管の機能的ルーメンイメージング | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
J. Gastroenterol..2015 Oct;50(10):1005-16. 10.1007/s00535-015-1087-7. doi: 10.1007/s00535-015-1087-7.Epub 2015-05-16.

消化管の機能的ルーメンイメージング

Functional lumen imaging of the gastrointestinal tract.

  • Christian Lottrup
  • Hans Gregersen
  • Donghua Liao
  • Lotte Fynne
  • Jens Brøndum Frøkjær
  • Klaus Krogh
  • Julie Regan
  • Peter Kunwald
  • Barry P McMahon
PMID: 25980822 DOI: 10.1007/s00535-015-1087-7.

抄録

この非系統的レビューは、機能的ルーメンイメージングプローブの導入によって刺激を受けた消化管における機能的ルーメンイメージングの使用における最近の開発について述べることを目的としている。摂取した食物が液体や固体の形で消化管に沿って運ばれるとき、括約筋はこれらの内容物の流れと制御において重要な役割を果たしている。括約筋の機能不全は、多くの消化管疾患の基礎となっています。にもかかわらず、透視検査、マノメトリー、バロスタットなどの括約筋の診断と測定の伝統的な方法は、私たちに伝えることができることが限られています。括約筋の機能を測定するには、拡張に対する抵抗力を測定することがより良いアプローチであると長い間考えられてきました。機能的ルーメンイメージングプローブは、括約筋の幾何学的プロファイリングと膨張性の測定を実用的な方法で提供することを目的とした最初の医療用測定装置である。インピーダンス平板法を用いて、カテーテルを装着したアラントイドバッグ内の断面積と圧力の軸方向の系列を用いて、膨張性パラメータを計算します。この技術は、上部食道括約筋、食道胃接合部、肛門領域を含む消化管の多くの弁膜領域で試験されている。括約筋機能の生体力学的評価や嚥下障害、胃食道逆流症、好酸球性食道炎、アカラシア、便失禁などの特徴付けに可能性を示してきました。この初期の研究から、機能的内腔イメージング技術は、一般的な消化管の狭窄領域、特に括約筋の生理的理解の向上に貢献する可能性を秘めています。

This nonsystematic review aims to describe recent developments in the use of functional lumen imaging in the gastrointestinal tract stimulated by the introduction of the functional lumen imaging probe. When ingested food in liquid and solid form is transported along the gastrointestinal tract, sphincters provide an important role in the flow and control of these contents. Inadequate function of sphincters is the basis of many gastrointestinal diseases. Despite this, traditional methods of sphincter diagnosis and measurement such as fluoroscopy, manometry, and the barostat are limited in what they can tell us. It has long been thought that measurement of sphincter function through resistance to distension is a better approach, now more commonly known as distensibility testing. The functional lumen imaging probe is the first medical measurement device that purports in a practical way to provide geometric profiling and measurement of distensibility in sphincters. With use of impedance planimetry, an axial series of cross-sectional areas and pressure in a catheter-mounted allantoid bag are used for the calculation of distensibility parameters. The technique has been trialed in many valvular areas of the gastrointestinal tract, including the upper esophageal sphincter, the esophagogastric junction, and the anorectal region. It has shown potential in the biomechanical assessment of sphincter function and characterization of swallowing disorders, gastroesophageal reflux disease, eosinophilic esophagitis, achalasia, and fecal incontinence. From this early work, the functional lumen imaging technique has the potential to contribute to a better and more physiological understanding of narrowing regions in the gastrointestinal tract in general and sphincters in particular.