会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

99mTc-HDP SPECT-CTは足関節の変性性関節疾患における関節注射の局在化を支援する | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Foot Ankle Int.2015 Aug;36(8):928-35. 1071100715579263. doi: 10.1177/1071100715579263.Epub 2015-03-30.

99mTc-HDP SPECT-CTは足関節の変性性関節疾患における関節注射の局在化を支援する

99mTc-HDP SPECT-CT Aids Localization of Joint Injections in Degenerative Joint Disease of the Foot and Ankle.

  • Arum Parthipun
  • Joanna Moser
  • Wing Mok
  • Anton Paramithas
  • Paul Hamilton
  • Andrea Helene Sott
PMID: 25825392 DOI: 10.1177/1071100715579263.

抄録

背景:

足や足首の変性関節疾患に関連する疼痛は、関節の解剖学的構造が複雑であるため、臨床検査だけではその部位を特定することが困難な場合がある。本研究の目的は、単一光子放出型コンピュータ断層撮影と従来のコンピュータ断層撮影(SPECT-CT)を組み合わせて、関節内注射のための変性関節疾患の部位を特定し、それによって臨床的な成功率を向上させることができるかどうかを検討することであった。

BACKGROUND: Pain relating to degenerative joint disease within the foot and ankle can be difficult to localize with clinical examination alone due to the complex anatomy of the joints. The aim of this study was to determine whether single-photon emission computed tomography combined with conventional computed tomography (SPECT-CT) could be used to localize the site of degenerative joint disease for intra-articular injection and thereby improve the clinical success of the procedure.

方法:

変性関節疾患のために足と足首のSPECT-CTによる三相(99m)Tc-ヒドロキシメチレンジホスホネート骨スキャンを受けた203人の患者を対象とした前向き研究が実施された。52名の患者が退行性関節疾患に対する関節注射を受け、臨床経過観察を行った。0.5%bupivacaineとDepo-Medrone 80mgを関節内注射した際の臨床診断と転帰との関連を検討した。転帰は、視覚的アナログ疼痛スコアが50%以上改善したことで決定された。

METHODS: A prospective study was performed involving 203 patients who had undergone triple-phase (99m)Tc-hydroxymethylene diphosphonate bone scans with SPECT-CT of the foot and ankle for degenerative joint disease. Fifty-two patients went on to have joint injections for degenerative joint disease, with clinical follow-up. Correlation with the clinical diagnosis and the outcome of intra-articular injections with 0.5% bupivacaine and 80 mg of Depo-Medrone was performed. A successful outcome was determined by an improvement in the visual analog pain score of at least 50%.

結果:

19 例(37%)では,SPECT-CT で決定された変性関節疾患の部位が当初の臨床評価と異なり,管理の変更を余儀なくされた.全体では46例(88%)で症状の改善がみられた。

RESULTS: In 19 (37%) patients, the site of degenerative joint disease determined by SPECT-CT differed from the initial clinical assessment and resulted in a change in management. Overall, 46 (88%) patients showed an improvement in symptoms.

結論:

本研究では、SPECT-CT誘導関節注射の高い臨床的成功率が示された。この技術は,臨床検査の補助として足首,後足部,中足部の変性関節疾患の局所診断に有用であった.

CONCLUSION: The study demonstrated a high clinical success rate for SPECT-CT-guided joint injections. The technique was useful in localizing degenerative joint disease of the ankle, hindfoot, and midfoot as an adjunct to clinical examination.

証拠のレベル:

レベルIV、ケースシリーズ

LEVEL OF EVIDENCE: Level IV, case series.

© The Author(s) 2015.