国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

呼吸パターンと頭部姿勢:頭蓋頚椎角の変化 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Minerva Stomatol.2015 Apr;64(2):59-74.

呼吸パターンと頭部姿勢:頭蓋頚椎角の変化

Breathing pattern and head posture: changes in craniocervical angles.

PMID: 25747427

抄録

目的:

本研究の目的は、口腔呼吸が頭部姿勢に及ぼす影響を観察し、口腔呼吸者と生理的呼吸者の頭蓋頸部角度NSL/OPTおよびNSL/CVTの変化を観察して、考えられる姿勢の変化を明らかにすることである。

AIM: The aim of this study was to observe the influence of oral breathing on head posture and to establish possible postural changes observing the variation of craniocervical angles NSL/OPT and NSL/CVT between oral breathing subjects and physiological breathing subjects.

方法:

横断的研究を実施した。対象者は115名、男子56名、女子59名、5-22歳である。このうち、80名が口呼吸、35名が生理的呼吸と分類された。口腔呼吸の診断は,臨床検査で評価される特徴的な徴候や症状,特徴的なX線画像の解析,能動的前方鼻孔測定(AAR)検査を伴う耳鼻科検査によって行われた.構造および姿勢の分析は、NSL/OPTおよびNSL/CVTの頭蓋顔面角度を計算することによって行われた。

METHODS: A cross-sectional study was conducted. The sample included 115 subject, 56 boys and 59 girls, 5-22-year-old. Among these, 80 were classified as oral breathers and 35 as physiological breathers. The diagnosis of oral breathing was carried out thanks to characteristic signs and symptoms evaluated on clinical examination, the analysis of characteristic X-ray images, ENT examination with active anterior rhinomanometric (AAR) test. The structural and postural analysis was carried out, calculating the craniofacial angles NSL/OPT and NSL/CVT.

結果:

NSL/OPTとNSL/CVTの両方は、生理的呼吸の患者で観察されるものよりも有意に大きいようである。つまり、鼻呼吸だけでなく口呼吸の傾向がある患者は、頸椎の前弯が減少し、頭部が前傾していることがわかる。

RESULTS: Both NSL/OPT and NSL/CVT appear to be significantly greater to those observed in physiological breathing patients. This means that patients who tend to breathe through the mouth rather than exclusively through the nose show a reduction of cervical lordosis and a proinclination of the head.

結論:

本研究は、口呼吸が頭位を変化させることを確認した。この呼吸パターンが変化した患者では頭蓋頸部角度NSL/OPTとNSL/CVTが有意に増加することから、頸椎と比較して頭部が高くなり、頭部がより伸展することが示唆された。したがって、小児期または思春期の早い時期に呼吸パターンを修正することは、頭蓋顔面形態と頭部姿勢の段階的な正常化につながる可能性があります。

CONCLUSION: Our study confirms that the oral breathing modifies head position. The significant increase of the craniocervical angles NSL/OPT and NSL/CVT in patients with this altered breathing pattern suggests an elevation of the head and a greater extension of the head compared with the cervical spine. So, to correct the breathing pattern early, either during childhood or during adolescence, can lead to a progressive normalization of craniofacial morphology and head posture.