会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

超音波スケーリング時のエアロゾル、スパッタ低減のための唾液排出装置と吸引装置の比較 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
J Am Dent Assoc.2015 Jan;146(1):27-33. S0002-8177(14)00002-6. doi: 10.1016/j.adaj.2014.10.001.Epub 2014-12-18.

超音波スケーリング時のエアロゾル、スパッタ低減のための唾液排出装置と吸引装置の比較

Comparison of suction device with saliva ejector for aerosol and spatter reduction during ultrasonic scaling.

  • Jessica L Holloman
  • Sally M Mauriello
  • Luiz Pimenta
  • Roland R Arnold
PMID: 25569495 DOI: 10.1016/j.adaj.2014.10.001.

抄録

背景:

エアロゾルや飛散物は、健康に悪影響を及ぼす可能性があるため、医療現場では懸念されています。超音波スケーリング中および超音波スケーリング後のエアロゾルとスパッタの減少について、Isolite照明付きアイソレーションシステム(Isolite Systems)と唾液エジェクターを比較しました。

BACKGROUND: Aerosols and spatter are concerns in health care owing to their potential adverse health effects. The Isolite illuminated isolation system (Isolite Systems) and a saliva ejector were compared for aerosol and spatter reduction during and after ultrasonic scaling.

方法:

50人の参加者をコントロール(n"Zs_A0"=25、唾液エジェクター)またはテスト(n"Zs_A0"=25、イソライト)グループに無作為に割り付け、超音波スケーラーで予防処置を受けた。エアロゾルを輸送媒体を含むシャーレに採取し、分散させ、嫌気性血液寒天にメッキして、コロニー形成単位(CFU)を測定した。著者らはt検定を用いてデータを分析した。

METHODS: Fifty participants were randomized to control (n = 25, saliva ejector) or test (n = 25, Isolite) groups and received a prophylaxis with an ultrasonic scaler. Aerosols were collected in a petri dish containing transport media, dispersed, and plated to anaerobic blood agar to determine colony-forming units (CFUs). The authors analyzed the data using a t test.

結果:

エアロゾルおよびスパッタ低減においては、群間で有意差は生じなかった(P"Zs_A0"=0.25)。対照群と試験群の超音波スケーリング中に収集された1mlあたりのlog10 CFUの平均(標準偏差)は、それぞれ3.61(0.95)と3.30(0.88)であった。全てのサンプルにα溶血性連鎖球菌が含まれており、多くのサンプルには厳密には経口嫌気性菌が含まれていた。

RESULTS: No significant difference occurred between groups in aerosol and spatter reduction (P = .25). Mean (standard deviation) of log10 CFUs per milliliter collected during ultrasonic scaling in the control and test groups were 3.61 (0.95) and 3.30 (0.88), respectively. All samples contained α-hemolytic streptococci, and many samples contained strictly oral anaerobes.

結論:

高数のCFUおよびすべてのプレートにおける厳密に経口嫌気性菌の同定によって示されるように、両グループの超音波スケーリング中にかなりの量の汚染が発生した。

CONCLUSIONS: A significant amount of contamination occurred during ultrasonic scaling in both groups, as indicated by high numbers of CFUs and the identification of strictly oral anaerobes in all plates.

実務への影響:

どちらの装置もエアロゾルや飛散を効果的に減少させることはできず、2つの装置間では減少量に有意な差はなかった。これらの装置では、病気の伝播の可能性を低減するために、追加の対策を講じる必要がある。

PRACTICAL IMPLICATIONS: Neither device reduced aerosols and spatter effectively, and there was no significant difference in reduction between the 2 devices. Additional measures should be taken with these devices to reduce the likelihood of disease transmission.

Copyright © 2015 American Dental Association. Published by Elsevier Inc. All rights reserved.