会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

超音波スケーリング時のエアロゾルとスプラッタの飛散:パイロット研究 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
J Infect Public Health.2015 May-Jun;8(3):260-5. S1876-0341(14)00185-3. doi: 10.1016/j.jiph.2014.11.004.Epub 2015-01-03.

超音波スケーリング時のエアロゾルとスプラッタの飛散:パイロット研究

Dissemination of aerosol and splatter during ultrasonic scaling: a pilot study.

  • H R Veena
  • S Mahantesha
  • Preethi A Joseph
  • Sudhir R Patil
  • Suvarna H Patil
PMID: 25564419 DOI: 10.1016/j.jiph.2014.11.004.

抄録

文部科学省:

日常的な歯科処置では、エアロゾルや飛沫が発生し、臨床医や歯科関係者だけでなく、免疫不全の患者にも潜在的なリスクをもたらす。超音波スケーラーは、エアロゾルと飛沫の最大の発生源であることが報告されています。

CONTEXT: Routine dental procedures produce aerosol and splatter, which pose a potential risk to the clinician and dental personnel, as well as the immunocompromised patient. Reports indicate that the ultrasonic scaler is the greatest producer of aerosol and splatter.

エーアイエムズ:

本研究では、超音波スケーリング時に発生するエアロゾルの汚染距離、汚染量、汚染時間を評価することを目的としています。

AIMS: The study aimed to evaluate the contamination distance, contamination amount and contamination duration of aerosol produced during ultrasonic scaling.

方法と材料:

研究は、歯科用椅子の上にファントムジョーを装着したマネキンで行われました。模擬スケーリングは、自動調整された磁歪式超音波スケーラーを使用して、低容量の唾液エジェクターを同時に使用して15分間行われました。超濾液含有蛍光色素は、スケーラーユニットを供給するリザーバーで使用されました。濾紙ディスクは、手術室内の異なる位置と距離に配置された。スケーリングの直後に、ろ紙ディスクを新しいものと交換した。これを30分ごとに行い、合計90分で行った。

METHODS AND MATERIALS: The study was performed on a mannequin fitted with phantom jaws on a dental chair. Mock scaling was done for 15 min using an auto-tuned magnetostrictive ultrasonic scaler with the simultaneous use of a low volume saliva ejector. An ultrafiltrate-containing fluorescent dye was used in the reservoir supplying the scaler unit. Filter paper discs were placed in different positions and distances in the operatory. Immediately following scaling, the filter paper discs were replaced with new ones. This was done every 30 min for a total duration of 90 min.

結果:

作業者の右腕と助手の左腕に最大の汚染が認められました。また、オペレーターとアシスタントのフェイスマスクの頭部、胸部、内面にも汚染が見られました。エアゾールはスケーリング後30分まで空気中に残っていることが判明した。

RESULTS: Maximum contamination was found on the right arm of the operator and left arm of the assistant. Contamination was also found on the head, chest and inner surface of the face mask of the operator and of the assistant. The aerosol was found to remain in the air up to 30 min after scaling.

結論:

歯科用エアゾールの労働衛生上の危険性は、簡単で安価な注意事項に従うことで最小限に抑えることができます。

CONCLUSIONS: The occupational health hazards of dental aerosols can be minimized by following simple, inexpensive precautions.

Copyright © 2014 King Saud Bin Abdulaziz University for Health Sciences. Published by Elsevier Ltd. All rights reserved.