会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

睡眠時無呼吸症候群の管理について | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Curr Opin Otolaryngol Head Neck Surg.2012 Dec;20(6):518-21. doi: 10.1097/MOO.0b013e3283585685.

睡眠時無呼吸症候群の管理について

Management of sleep apnea in the cleft population.

  • Harlan R Muntz
PMID: 23000731 DOI: 10.1097/MOO.0b013e3283585685.

抄録

レビューの目的:

閉塞性睡眠時無呼吸は、顔面裂の小児に多くみられます。睡眠時の呼吸障害や閉塞性睡眠時無呼吸が認知障害につながることが懸念されているため、耳鼻咽喉科医や顔面裂外科医が睡眠障害の懸念を認識し、管理のための適切な介入を実施することが不可欠です。

PURPOSE OF REVIEW: Obstructive sleep apnea is prevalent in children with facial clefts. As there are increasing concerns that sleep disordered breathing and obstructive sleep apnea may lead to cognitive difficulties, it is imperative that the otolaryngologist and cleft surgeon be aware of the concerns for sleep disorders and implement appropriate interventions for the management.

最近の研究成果:

ロビンシークエンスに関連したミクログナチアは、睡眠時無呼吸の可能性が大きいことが長い間理解されてきた。ポジショニング、鼻咽頭気道、舌唇癒着、下顎ディストラクションは、このセットの子供たちの呼吸を改善するために使用されてきました。症状によってスクリーニングされると、裂け目のある子供の大部分が睡眠検査で陽性となる。症候性の子供は、非症候性の子供もリスクがありますが、症候性の子供はその傾向が強いようです。咽頭フラップや咽頭括約筋形成術で二次的に velopharyngeal insufficiencyを管理したことのある子供は、睡眠障害のリスクが高いようである。扁桃腺部分切除術を伴う扁桃摘出術、再置換咽頭形成術、上顎前進術、睡眠のための持続的気道陽圧術など、特定の指示された治療法により、矯正に最適な結果が得られるはずです。

RECENT FINDINGS: Micrognathia associated with Robin Sequence has long been understood to have significant potential for sleep apnea. Positioning, nasopharyngeal airway, tongue-lip adhesion and mandibular distraction have been used to improve the breathing in this set of children. Screened by symptoms, a large proportion of children with clefts will have a positive sleep study. Syndromic children seem to be more prone to this, even though nonsyndromic children are also at risk. Children who have had secondary management of velopharyngeal insufficiency with pharyngeal flap and sphincter pharyngoplasty seem to be at greater risk of sleep disorder. Specific directed therapies should provide the optimum results for the correction including tonsillectomy with partial adenoidectomy, revision pharyngoplasty, maxillary advancement and continuous positive airway pressure for sleep.

サマリー:

耳鼻咽喉科医にとって、睡眠障害の危険性を認識し、奇形児の治療法を知ることは非常に重要です。

SUMMARY: Awareness of the risk of sleep disorders and the possible treatments in children with cleft deformities is very important for the otolaryngologist.