国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

高齢の血友病患者における整形外科的併存疾患:レビュー | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Haemophilia.2013 Mar;19(2):166-73.

高齢の血友病患者における整形外科的併存疾患:レビュー

Orthopaedic co-morbidities in the elderly haemophilia population: a review.

PMID: 22970726

抄録

血友病の治療と医療の改善により、血友病患者の平均寿命は一般人口のそれに近づいてきています。高齢の血友病患者における筋骨格系の主な併存疾患を検討するために、高齢の血友病患者の筋骨格系の問題に関する文献のレビューを行いました。慢性関節症は、高齢の血友病患者における主な併存疾患である。加齢に伴う整形外科的併存疾患には、退行性関節の変化、骨粗鬆症、筋萎縮またはサルコペニア、筋力低下、歩行やバランスの障害などがある。痛みの増加、筋力低下や萎縮、転倒のリスクの増加は、進行した血友病性関節症と加齢の主な特徴である。関節症が主要な併存疾患であり続ける高齢化した血友病患者は、彼らのケアを担当する者にとって現在の課題である。加齢に伴う筋骨格系の変化の影響を軽減するためには、週に2〜3回の運動プログラムを12週間以上続けることが最も効果的であると考えられる。効果的な運動プログラムを確立し、早期の外科的介入と術前の理学療法によるプリハビリテーションが有効な個人を特定する戦略を確立することが、今後の研究の優先課題である。

Due to improvements in the treatment and medical care of haemophilia, the life expectancy of individuals with haemophilia has approached that of the general population. To review the main co-morbidities of the musculoskeletal system in elderly persons with haemophilia, we have performed a review of the literature on the musculoskeletal problems of elderly haemophiliacs. Chronic arthropathy is the main co-morbidity in the ageing person with haemophilia. Age-related orthopaedic co-morbidities include degenerative joint changes, osteoporosis, muscle atrophy or sarcopenia, muscle weakness and disturbance of gait and balance. Increased pain, muscle weakness and atrophy along with an increased risk of falling are key features of advanced haemophilic arthropathy and ageing. An ageing haemophilia population in which arthropathy continues to be the primary co-morbidity is a current challenge for those responsible for their care. Exercise programmes undertaken two to three times per week for at least 12 weeks seem most effective in reducing the impact of age-related changes on the musculoskeletal system. Establishing effective exercise programmes and strategies to identify individuals who would benefit from early surgical intervention together with presurgical physiotherapy prehabilitation is a priority for future research.