国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

早産と歯周炎の日本人女性における免疫調節遺伝子多型 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
J Reprod Immunol.2012 Mar;93(2):94-101.

早産と歯周炎の日本人女性における免疫調節遺伝子多型

Immunoregulatory gene polymorphisms in Japanese women with preterm births and periodontitis.

PMID: 22382006

抄録

歯周病と早産の関連性については、多くの研究で報告されていますが、いまだに議論の余地があります。感染症への抵抗力を与えるために産生されるサイトカインや抗体が血流に入り、早産を引き起こす可能性がある。我々は,早産と歯周病の両方に影響を与える可能性のある,さまざまな免疫調節遺伝子における母親の遺伝子多型を分析した.新潟大学医歯学総合病院の産婦人科に紹介された女性1099人が参加候補者となり、そのうち424人が拒否し、553人が除外された。最終的には122名(早産51名、正期産71名)が参加しました。静脈血からゲノムDNAを分離し、22種類の多型を測定した。IL-1A、IL-1B、IL-1RN、IL-2、IL-4、IL-6、IL-10、TNFA、TNFRI、TNFRII、FcγRIIA、FcγRIIB、FcγRIIIA、FcγRIIIB、FcαRの22種類の多型が測定された。労働後5日以内に、歯周パラメータを評価し、リアルタイムPCRを用いて歯肉縁下プラークの細菌を検出した。歯周炎の有病率と程度は、正期産と早産の間で差がなかった。カイ二乗検定の結果、33歳未満とFcαR(+56)T/C対立遺伝子が早産と関連していた。多重ロジスティック回帰分析では、母体の年齢、Aggregatibacter actinomycetemcomitansの数、IL-6(-572)G/C、FcαR(+56)T/Cの4つの変数が早産と関連し、有意な体力を持つモデルが示された。結論として、今回の研究では、早産と歯周炎の関連性は認められませんでした。A. actinomycetemcomitans、IL-6、FcαRは、早産との関連が示唆された。早産の感受性を評価するためには、遺伝的要因と環境的要因の両方を考慮した多重ロジスティック回帰モデルが有用であると考えられる。

Many studies have reported an association between periodontal disease and preterm birth, although this remains controversial. Cytokines and antibodies produced to give resistance to infection can enter the bloodstream and cause preterm labor. We analyzed maternal genetic polymorphisms in various immunoregulatory genes that could affect both preterm birth and periodontitis. A total of 1099 women referred to the Department of Obstetrics and Gynecology, Niigata University Medical and Dental Hospital were candidates for participation, 424 of whom refused, and 553 were excluded. The final number of subjects was 122 (51 with preterm birth, 71 with term birth). Genomic DNA was isolated from venous blood, and 22 polymorphisms were determined: IL-1A, IL-1B, IL-1RN, IL-2, IL-4, IL-6, IL-10, TNFA, TNFRI, TNFRII, FcγRIIA, FcγRIIB, FcγRIIIA, FcγRIIIB, and FcαR. Within five days of labor, periodontal parameters were evaluated, and bacteria from subgingival plaque were detected using real-time PCR. There was no difference in the prevalence and degree of periodontitis between term and preterm births. Chi-squared tests showed that an age <33 years and FcαR(+56)T/C alleles were associated with preterm birth. Multiple logistic regression analysis represented a model with significant fitness in which four variables were associated with preterm birth: maternal age, number of Aggregatibacter actinomycetemcomitans, IL-6(-572)G/C, and FcαR(+56)T/C. In conclusion, there was no association between preterm birth and periodontitis in this study. A. actinomycetemcomitans, IL-6, and FcαR were suggested to be associated with preterm birth. Multiple logistic regression models with both genetic and environmental factors would be useful for evaluating susceptibility to preterm birth.