会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

二層セラミック歯科修復物の感度解析 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Dent Mater.2012 Feb;28(2):e6-14. S0109-5641(11)00905-5. doi: 10.1016/j.dental.2011.11.012.Epub 2011-12-09.

二層セラミック歯科修復物の感度解析

Sensitivity analysis of bi-layered ceramic dental restorations.

  • Zhongpu Zhang
  • Shiwei Zhou
  • Qing Li
  • Wei Li
  • Michael V Swain
PMID: 22169069 DOI: 10.1016/j.dental.2011.11.012.

抄録

目的:

セラミックプロテーゼの信頼性と長寿命化は大きな関心事となっている。既存の研究では、臨床的な観点からいくつかの重要な問題に焦点を当ててきたが、セラミックプロテーゼの長寿命と耐久性を確保するためには、基礎科学と製作上の問題に対処するためのさらなる研究が必要とされている。この論文の目的は、選択した設計変数(層厚や熱伝達率など)の摂動に対して、二層セラミックシステムとクラウンモデルの温度変化と熱残留応力の変化という観点から、熱的および機械的応答がどの程度「敏感」であるかを定量的に調べることにあります。

OBJECTIVES: The reliability and longevity of ceramic prostheses have become a major concern. The existing studies have focused on some critical issues from clinical perspectives, but more researches are needed to address fundamental sciences and fabrication issues to ensure the longevity and durability of ceramic prostheses. The aim of this paper was to explore how "sensitive" the thermal and mechanical responses, in terms of changes in temperature and thermal residual stress of the bi-layered ceramic systems and crown models will be with respect to the perturbation of the design variables chosen (e.g. layer thickness and heat transfer coefficient) in a quantitative way.

方法:

本研究では,異なる形状を持つ3つの2層セラミックモデルを検討した.(i)単純な二層板,(ii)単純な二層三角形,(iii)軸対称な二層クラウンである.

METHODS: In this study, three bi-layered ceramic models with different geometries are considered: (i) a simple bi-layered plate, (ii) a simple bi-layer triangle, and (iii) an axisymmetric bi-layered crown.

結果:

層厚と対流熱伝達率(または冷却率)は、ジルコニア基板上に融合したポーセレンの方が敏感であるように思われる。

RESULTS: The layer thickness and convective heat transfer coefficient (or cooling rate) seem to be more sensitive for the porcelain fused on zirconia substrate models.

意義:

その結果、各モデルの温度分布と残留応力には、熱伝達率とコアとベニアの厚さ比が決定的に重要であることが示された。これらの知見は、製造上の不確実性の影響を評価し、セラミック補綴物の設計を最適化するための定量的な基礎を提供するものである。

SIGNIFICANCE: The resultant sensitivities indicate a critical importance of the heat transfer coefficient and thickness ratio of core to veneer on the temperature distributions and residual stresses in each model. The findings provide a quantitative basis for assessing the effects of fabrication uncertainties and optimizing the design of ceramic prostheses.

Copyright © 2011 Academy of Dental Materials. Published by Elsevier Ltd. All rights reserved.