会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

微小嚢胞性および乳頭状パターンを有する膵臓の大管型浸潤性腺癌:非浸潤性管状新生物の顕微鏡的模倣の可能性 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Mod. Pathol..2012 Mar;25(3):439-48. modpathol2011181. doi: 10.1038/modpathol.2011.181.Epub 2011-11-04.

微小嚢胞性および乳頭状パターンを有する膵臓の大管型浸潤性腺癌:非浸潤性管状新生物の顕微鏡的模倣の可能性

Large duct type invasive adenocarcinoma of the pancreas with microcystic and papillary patterns: a potential microscopic mimic of non-invasive ductal neoplasia.

  • Pelin Bagci
  • Aleodor A Andea
  • Olca Basturk
  • Kee-Taek Jang
  • Ipek Erbarut
  • Volkan Adsay
PMID: 22056954 DOI: 10.1038/modpathol.2011.181.

抄録

大管状要素を形成する膵管状腺癌の形態学的変異体である大管状腺癌が報告されており、その臨床病理学的特徴が研究されている。これらの腫瘍は、以下のような非浸潤性の嚢胞性および乳頭性膵臓腫瘍を密接に模倣する微小嚢胞性および乳頭性の増殖パターンを有する可能性がある:癌細胞性変種を含む管内乳頭性粘液性新生物、粘液性嚢胞性新生物、および膵管内上皮内新生物が関与している管。管腔腺癌を有する230例の膵切除標本のレビューにおいて、28例(8%)の大管腔型管腔腺癌が以下の基準に従って同定された:検査に利用可能な腫瘍切片の50%以上に直径0.5mm以上の浸潤性管腔が含まれているか、または巨視的に同定可能な微小嚢胞パターンを有していた。大管腔型管状腺がんの全体的な特徴は、前者ではわずかに女性優位であった(F/M=2.3)ことを除いて、従来の管状腺がんとあまり変わらなかった。平均年齢は67歳(従来の管状腺癌では63歳;P=0.015)であり、尾部への発生はわずかに多かった(40% vs 従来の管状腺癌では18%;P=0.006)。肉眼的には1cmまでの嚢胞が10例に認められた。顕微鏡的には、ギザギザした縁を持つ不規則に分布した大きな管が特徴的で、柱状粘液性細胞が並んでおり、細胞学的特徴はしばしば偽りのないほど淡白なもので、乳頭腫症の程度も様々であった。間質性脱皮症は4例で多細胞性(形態的には卵巣様のストロマとは異なる)であり、他の例ではミクソイド性であった。KRAS癌遺伝子変異は11例中9例に認められた。生存期間の中央値、1年生存率、2年生存率はそれぞれ16ヵ月、77%、30%であったのに対し、従来の管状腺癌ではそれぞれ12ヵ月、52%、30%であった。結論として、いくつか(8%)の膵管性腺癌は、嚢胞性および乳頭状のパターンを特徴とする非浸潤性膵臓腫瘍を顕微鏡的に模倣した大きな管状パターンを示すことを認識すべきである。これらは、嚢胞の比較的小さいサイズ、管の輪郭の不規則性、管のクラスタリング、管腔内好中球および顆粒状の破片の存在、細胞学的多形性の程度、およびストロマのミクソイドの質によって区別される。臨床所見は、従来の管路腺がんよりもわずかに良好であるように思われるが、これはこれらの腫瘍の十分に分化した性質によるものであろう。

A morphological variant of pancreatic ductal adenocarcinoma forming large ductal elements, large duct type ductal adenocarcinoma, is documented and its clinicopathological features are studied. These tumors may have microcystic and papillary growth patterns that closely mimic the non-invasive cystic and papillary pancreatic tumors such as: intraductal papillary-mucinous neoplasia, including the oncocytic variant, mucinous cystic neoplasms, and ducts involved by pancreatic intraepithelial neoplasia. In a review of 230 pancreatectomy specimens with ductal adenocarcinoma, 28 (8%) cases of large duct type ductal adenocarcinomas were identified according to following criteria: more than 50% of the tumor sections available for examination contained infiltrative ducts with a diameter larger than 0.5 mm or had a macroscopically identifiable microcystic pattern. Overall characteristics of large duct type ductal adenocarcinomas were not too different than those of conventional ductal adenocarcinomas, except that there was a slight female predominance in the former (F/M=2.3). The mean age was 67 (vs 63 in conventional ductal adenocarcinomas; P=0.015), and occurrence in the tail was slightly more common (40% vs 18% in conventional ductal adenocarcinomas; P=0.006). Grossly, cysts measuring up to 1 cm was noted in 10 cases. Microscopically, large duct type adenocarcinomas were characterized by irregularly distributed large ducts with jagged edges, lined by columnar mucinous cells often having deceptively bland cytological features and variable degrees of papillomatosis. Stromal desmoplasia had a hypercellular quality (morphologically distinct from ovarian-like stroma) in four cases, and had a myxoid quality in others. KRAS oncogene mutation was identified in 9 out of 11 cases. Median, 1-year and 2-year survival rates were 16 months, 77% and 30%, respectively, as opposed to 12 months, 52% and 30%, respectively, in conventional ductal adenocarcinoma. In conclusion, it should be recognized that, some (8%) pancreatic ductal adenocarcinomas exhibit a large duct pattern that may microscopically mimic non-invasive pancreatic tumors characterized by cystic and papillary patterns. They may be distinguished by the relatively smaller size of the cysts, irregularity of the duct contours, clustering of the ducts, presence of intraluminal neutrophils and granular debris, degree of cytological pleomorphism, and myxoid quality of the stroma. Clinical behavior appears to be slightly better than that of conventional ductal adenocarcinoma, which may be accounted by the well-differentiated nature of these tumors.