国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

立位トンネル症候群における尺骨神経の内視鏡的減圧術:約55例 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Neurochirurgie.2011 Apr;57(2):73-7. S0028-3770(11)00021-X. doi: 10.1016/j.neuchi.2011.03.002.Epub 2011-04-30.

立位トンネル症候群における尺骨神経の内視鏡的減圧術:約55例

[Endoscopic decompression of the ulnar nerve in the cubital tunnel syndrome: about 55 patients].

  • F M P Leclère
  • S Manz
  • F Unglaub
  • E Cardenas
  • P Hahn
PMID: 21530986 DOI: 10.1016/j.neuchi.2011.03.002.

抄録

序論:

尺骨筋症候群は、手根管症候群に次いで上肢で2番目に多い神経圧迫症候群です。その重症度はDellon分類で評価できる。我々は内視鏡的減圧術後の経験と結果を報告する。

INTRODUCTION: Sulcus ulnaris syndrome is the second most common neurocompression syndrome in the upper limb after carpal tunnel syndrome. Its severity can be appreciated by the Dellon Classification. We present our experience and results after endoscopic decompression.

患者と方法:

3年間に手術を受けた55例の患者を対象にレトロスペクティブなカルテレビューを行った。患者は男性37名、女性18名で、手術時の平均年齢は54歳(範囲:27~82歳)であった。臨床診断は神経伝導の神経生理学的検査で必ず確認された。Dellon分類によると、軽度のサルカス・ウルナリス症候群が11例、中等度が31例、重度が13例であった。平均追跡期間は21ヶ月(範囲:6~42ヶ月)であった。

PATIENTS AND METHODS: A retrospective chart review of 55 patients operated over a 3-year period was performed. The patients, 37 men and 18 women, had an average age of 54 years (range: 27-82 years) at the time of surgery. The clinical diagnostic was always confirmed by a neurophysiological examination of the nerve conduction. According to the Dellon Classification, 11 patients had mild sulcus ulnaris syndrome, 31 had moderate and 13 had severe. The mean follow-up time was 21 months (range: 6-42 months).

結果:

感性は85%の患者で正常化した。対側の非手術側と比較して、平均握力は68%から94%に、平均ピンチグリップは72%から95%に改善した。神経弛緩率は変化しなかった(5.5%)。修正Bishopレーティングシステムによると、38例(69%)がExcellent、13例(23.5%)がGood、4例(7.5%)がFairであった。手術後に再手術を必要とした血腫が1例ありましたが、そのうちの1例は尺骨神経の軽度の病変であり、ad integrumの修復と肘の麻酔低下を伴うもので、合併症率は5.5%でした。患者の98%は、必要に応じて再び内視鏡手術を受けると回答した。

RESULTS: The sensibility was normalised in 85% of the patients. Compared to the contralateral non-operated side, the mean grip strength improved from 68 to 94% and the mean pinch grip from 72 to 95%. The rate of nerve luxation did not change (5.5%). According to the modified Bishop rating system, 38 patients (69%) had excellent, 13 patients (23.5%) good and four patients (7.5%) fair results. One haematoma necessitating a revision, a minimal lesion of the ulnar nerve with restitution ad integrum and a hypoesthesia of the elbow, occurred after surgery resulting in a complication rate of 5.5%. Ninety-eight percent of the patients responded that they would undergo the endoscopic procedure again if needed.

結論:

尺骨溝症候群における尺骨神経の内視鏡的減圧術は、患者さんからの評価が高く、臨床的にも有望な結果が得られています。

CONCLUSION: Endoscopic decompression of the ulnar nerve in sulcus ulnaris syndrome is very well appreciated by patients and also provides promising clinical results.

Copyright © 2011 Elsevier Masson SAS. All rights reserved.