会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

ディシネグリンとメタロプロテアーゼ17が血管系における新内膜肥大症を媒介する。 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Hypertension.2011 Apr;57(4):841-5. HYPERTENSIONAHA.110.166892. doi: 10.1161/HYPERTENSIONAHA.110.166892.Epub 2011-02-28.

ディシネグリンとメタロプロテアーゼ17が血管系における新内膜肥大症を媒介する。

A disintegrin and metalloprotease 17 mediates neointimal hyperplasia in vasculature.

  • Akira Takaguri
  • Keita Kimura
  • Akinari Hinoki
  • Allison M Bourne
  • Michael V Autieri
  • Satoru Eguchi
PMID: 21357274 PMCID: PMC3311130. DOI: 10.1161/HYPERTENSIONAHA.110.166892.

抄録

培養血管平滑筋細胞の増殖にメタロプロテアーゼであるディスインテグリン・メタロプロテアーゼ17(ADAM17)が必要であることは、in vitroで実証されている。しかし、このメタロプロテアーゼが生体内での血管リモデリングに関与しているかどうかは不明である。ラット頸動脈をバルーン血管形成術の2週間後に解析した。新内膜細胞はADAM17免疫染色に強く陽性であった。内膜過形成の有意な抑制が、ドミナント陰性のADAM17アデノウイルス処理した頸動脈で観察された。また、新生内膜における増殖細胞核抗原陽性細胞およびリン酸化上皮成長因子受容体陽性細胞は、同様にドミナント陰性ADAM17により減少した。一方、野生型ADAM17アデノウイルスでは、新生内膜形成、増殖細胞核抗原陽性細胞、リン酸化上皮成長因子受容体陽性細胞が顕著に増強された。結論として、ADAM17の活性化は、血管損傷後の上皮成長因子受容体の活性化とその後の新内膜過形成に関与していることが示唆された。ADAM17は血管リモデリングの新たな治療標的となる可能性があります。

The requirement of a metalloprotease, a disintegrin and metalloprotease 17 (ADAM17) for the growth of cultured vascular smooth muscle cells has been demonstrated in vitro. However, whether this metalloprotease is responsible for vascular remodeling in vivo remains unanswered. Rat carotid arteries were analyzed 2 weeks after a balloon angioplasty. The neointimal cells were strongly positive for ADAM17 immunostaining. Marked inhibition of intimal hyperplasia was observed in a dominant-negative ADAM17 adenovirus-treated carotid artery. Proliferating cell nuclear antigen-positive cells and phospho-epidermal growth factor receptor-positive cells in the neointima were reduced by dominant-negative ADAM17 as well. In contrast, the neointima formation, proliferating cell nuclear antigen-positive cells, and phospho-epidermal growth factor receptor-positive cells were markedly enhanced by wild-type ADAM17 adenovirus. In conclusion, ADAM17 activation is involved in epidermal growth factor receptor activation and subsequent neointimal hyperplasia after vascular injury. ADAM17 could be a novel therapeutic target for pathophysiological vascular remodeling.