会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

カルバペネム系抗生物質の現状 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Curr Top Med Chem.2010;10(18):1882-97. BSP/ CTMC /E-Pub/-0080-10-15. doi: 10.2174/156802610793176639.

カルバペネム系抗生物質の現状

Current status of carbapenem antibiotics.

  • Mohammed I El-Gamal
  • Chang-Hyun Oh
PMID: 20615191 DOI: 10.2174/156802610793176639.

抄録

β-ラクタム系抗生物質は、最も多く処方されている抗菌薬です。全抗生物質の半分以上を占めている。これらは、抗生物質の軍備の礎石と考えられています。細菌の細胞壁生合成を阻害することで、グラム陽性・グラム陰性菌に対して高い効果を発揮します。病院内のグラム陰性病原体の間の抗生物質耐性は、公衆衛生に対する危険な脅威を表しています。多くの細菌が古い薬剤に対して抵抗性を示しているため、新しいβ-ラクタム系抗生物質が継続的に開発されてきた。1970年代後半には、非常に幅広いスペクトルを持つ非伝統的なβ-ラクタム系抗生物質であるカルバペネム系抗生物質の新しいクラスが開発された。このレビュー記事では、細菌感染症、特にグラム陰性菌によって引き起こされる細菌感染症の治療のためのカルバペネムの分野に関連する新しい開発に焦点を当てています。チエナマイシン、イミペネム/シラスタチン、パニペネム/ベタミプロン、バイアペネム、テビペネム、テビペネムピボキシル、メロペネム、エルタペネム、ドリペネム、レナペネム、トモペネムを含むカルバペネム類の構造的特徴、主要な特徴、および臨床的意味合いについて考察する。

β-Lactam antibiotics are the most prescribed antibacterial agents. They comprise more than half of all antibiotics. They are considered as the cornerstone of the antibiotic armamentarium. By inhibiting bacterial cell wall biosynthesis, they are highly effective against Gram-positive and Gram-negative bacteria. Antibiotic resistance among Gram-negative pathogens in hospitals represents a dangerous threat to public health. Since many bacteria have developed resistance to older agents, new β-lactam antibiotics have been continuously developed. In the late 1970s, a new class of exceptionally broad-spectrum non-traditional β-lactams, carbapenems, was developed. This review article focuses on the new developments related to the field of carbapenems for treatment of bacterial infections, especially those caused by Gram-negative bacteria. The structural features, principal characteristics, and clinical implications of carbapenems including thienamycin, imipenem/cilastatin, panipenem/betamipron, biapenem, tebipenem, tebipenem pivoxil, meropenem, ertapenem, doripenem, lenapenem, and tomopenem are discussed herein.