会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師のみならず、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、イベント情報などを配信しています

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

ドクタートークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

唾液中の微生物レベルと歯周状態、う蝕の発生との関係 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
J. Periodont. Res..2010 Apr;45(2):165-9. JRE1213. doi: 10.1111/j.1600-0765.2009.01213.x.

唾液中の微生物レベルと歯周状態、う蝕の発生との関係

Salivary microbial levels in relation to periodontal status and caries development.

  • Y Iwano
  • N Sugano
  • K Matsumoto
  • R Nishihara
  • T Iizuka
  • N Yoshinuma
  • K Ito
PMID: 20470257 DOI: 10.1111/j.1600-0765.2009.01213.x.

抄録

背景と目的:

これまで虫歯と歯周病との間には逆の関係が示唆されてきたが、歯周病と虫歯・欠損・充填歯(DMF)指数との間には正の相関関係があることを報告している研究もある。本研究の目的は、虫歯と歯周病の関係を検討することであった。

BACKGROUND AND OBJECTIVE: Although an inverse relationship between caries and periodontal disease has been suggested, some studies have reported a positive correlation between periodontal disease and the decayed, missing and filled teeth (DMF) index. The aim of the present study was to examine the relationship between caries and periodontal disease.

材料と方法:

齲蝕と歯周病の程度の異なる40人の被験者を対象に,リアルタイムポリメラーゼ連鎖反応を用いて,Porphyromonas gingivalisとStreptococcus mutansの臨床的パラメータと唾液中濃度を評価した.

MATERIAL AND METHODS: We assessed the clinical parameters and salivary levels of Porphyromonas gingivalis and Streptococcus mutans using real-time polymerase chain reaction in 40 subjects with varying degrees of caries and periodontal disease.

結果:

S. mutansの唾液レベルは、歯周炎群よりも歯周病健常群の方が有意に高かった。P. gingivalisの唾液レベルは,齲蝕のある健康な歯周炎群より齲蝕のない健康な歯周炎群の方が有意に高かった.S. mutansの唾液レベルは、初期歯周治療後に有意に上昇した。

RESULTS: The salivary levels of S. mutans were significantly higher in the periodontally healthy group than in the periodontitis group. The salivary levels of P. gingivalis were significantly higher in the caries-free group than in the periodontally healthy group with caries. The salivary levels of S. mutans were significantly increased after the initial periodontal treatment.

結論:

本研究では、臨床所見および細菌学的所見の観点から、歯周炎とう蝕との間には逆の関係が存在することが示された。

CONCLUSIONS: This study showed that an inverse relationship exists between periodontitis and caries in terms of the clinical and bacteriological findings.