会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

歯科医師登録をすると、DOCTORトークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるセミナー動画への視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

下顎第三大臼歯の外科的抜歯における合併症 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Minerva Stomatol.2009 Jul-Aug;58(7-8):359-66.

下顎第三大臼歯の外科的抜歯における合併症

Complications in surgical removal of mandibular third molars.

PMID: 19633636

抄録

下顎第三大臼歯の抜歯後に最も頻度の高い合併症は、歯槽骨炎、感染症、下歯槽神経と舌神経の神経障害などである。これらの術後合併症はいずれも高齢の患者さんでより頻繁に起こります。これらの合併症は25歳以上で増加します。歯槽骨炎は最も頻度の高い術後合併症であるが、対処は容易であり、その病因は喫煙がその発生率を高めるとしても不明であり、その他の推定される危険因子も確認されていない。有効な原因療法はまだありませんが、局所的な薬物療法によって症状を抑えることができます。術後感染症は、治療が適切でない場合、特に高齢者では非常に深刻な問題を引き起こす可能性があります。一部の症例では抗生物質の予防投与が適応となります。神経学的合併症の可能性は、しばしば患者と医師の双方に不安をもたらします。幸いにも、手術技術の向上によりその発生率は低下しており、さらに、パノラマX線写真でリスク指標が特定されるようになっています。

The most frequent complications after surgical removal of an impacted mandibular third molar are the following: alveolar osteitis, infections, neurological damage involving the inferior alveolar and lingual nerves. All of these postoperative complications are more frequent in older patients. Their increase starts at about 25 years of age. Alveolar osteitis is the most frequent postoperative complication, but it is easily handled; its pathogenesis remains unknown, even if cigarette smoking enhances its incidence; other putative risk factors have not been confirmed. An effective etiologic therapy is not yet available, but the symptoms can be managed by means of local medication. Postoperative infections can still cause very severe problems, especially in elderly patients, if the treatment is not correct and timely. Antibiotic prophylaxis is indicated in selected cases. The possibility of neurological complications is often associated with anxiety both in the patient and doctor: fortunately, their incidence has been lowered by improved surgical techniques; moreover, risk indicators have been identified on the panoramic radiographs; three-dimensional imaging is useful in planning the surgical intervention in risky cases.