会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

歯科医師登録をすると、DOCTORトークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

グァバ(Psidium guajava L)とノニ(Morinda citrifolia L)の摂取は、ベテルキドを噛むパプアニューギニア人を糖尿病から守る可能性がある | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Asia Pac J Clin Nutr.2008;17(4):635-43.

グァバ(Psidium guajava L)とノニ(Morinda citrifolia L)の摂取は、ベテルキドを噛むパプアニューギニア人を糖尿病から守る可能性がある

Consumption of guava (Psidium guajava L) and noni (Morinda citrifolia L) may protect betel quid-chewing Papua New Guineans against diabetes.

  • Patrick L Owen
  • Louis C Martineau
  • Dayna Caves
  • Pierre S Haddad
  • Teatulohi Matainaho
  • Timothy Johns
PMID: 19114402

抄録

パプアニューギニアでは2型糖尿病(DM2)の発症率が急速に増加しており、ベテルクイド(BQ)咀嚼と糖尿病発症の関連性を支持する疫学的証拠が有力であることから、DM2の発症を予防する可能性のある食生活戦略を調査することになった。我々は、BQを熱心に噛んでいるがDM2の発症率が比較的低い中央州沿岸部のKaloの住民の食生活を調査したが、BQを控えているがDM2の発症率が異常に高い民族的に似ているWanigelansと比較した。カロでは、グアバの芽(Psidium guajava L)とノニ(Morinda citrifolia L)がワニゲラよりも多く消費されたが、マングローブ豆(Bruguiera gymnorrhiza (L) Lam.)ではその逆が観察された。これらの植物は、BQおよびその構成成分であるアレカナッツ(Areca catechu L)およびPiper betle L花序とともに、培養3T3-L1脂肪細胞におけるインスリン依存性およびインスリン非依存性グルコース輸送を媒介する能力を評価した。BQ, areca nut, P. betle 花序のメタノール抽出物からのグルコース取り込みを用量依存的に阻害することが、これまでに報告されている糖尿病予防活性を裏付ける結果となった。逆に、グアバ芽抽出物は有意なインスリン模倣活性と増強活性を示した。ノニ果実、ノニ葉、市販のノニジュース、マングローブ豆はすべてインスリン様活性を示したが、インスリン作用にはほとんど影響を及ぼさなかった。グァバとノニの習慣的な摂取は、調理したマングローブ豆よりも、DM2の発症および/またはベテルクイドの糖尿病発症に対するより良い保護を提供することが提案されている。これらの知見は、伝統的な食品や薬を用いてDM2のリスクを低減することができることを実証的に支持するものである。

Rapid increase in the incidence of type 2 diabetes (DM2) in Papua New Guinea, coupled with compelling epidemiological evidence supporting a diabetogenic association with betel quid (BQ) chewing has lead us to investigate dietary strategies that might offer protection from developing DM2. We investigated the dietary habits of Kalo residents from coastal Central Province who are avid BQ chewers yet have a relatively low incidence of DM2 compared to the ethnically similar and adjacent Wanigelans who abstain from BQ yet have an unusually high incidence of DM2. In Kalo, guava bud (Psidium guajava L) and noni (Morinda citrifolia L) were consumed much more frequently than in Wanigela, whereas the inverse was observed for mangrove bean (Bruguiera gymnorrhiza (L) Lam.). These plants, along with BQ and its component ingredients areca nut (Areca catechu L) and Piper betle L inflorescence, were assessed for their ability to mediate insulin-dependent and insulin-independent glucose transport in cultured 3T3-L1 adipocytes. A dose-dependent inhibition of glucose uptake from methanolic extracts of BQ, areca nut and P. betle inflorescence supports previous reports of prodiabetic activity. Conversely, guava bud extract displayed significant insulin-mimetic and potentiating activity. Noni fruit, noni leaf, commercial noni juice and mangrove bean all displayed insulin-like activity but had little or no effect on insulin action. Habitual intake of guava and noni is proposed to offer better protection against DM2 development and/or betel quid diabetogenicity than cooked mangrove bean. These findings provide empirical support that DM2 risk reduction can be accomplished using traditional foods and medicines.