会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

歯科医師登録をすると、DOCTORトークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

寄生義務のあるハエ(Wohlfahrtia magnifica (Diptera: Sarcophagidae))の異なる発生ステージと幼虫器官から分離された細菌 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Microb. Ecol..2006 Jan;51(1):13-21. doi: 10.1007/s00248-005-0090-6.Epub 2006-01-01.

寄生義務のあるハエ(Wohlfahrtia magnifica (Diptera: Sarcophagidae))の異なる発生ステージと幼虫器官から分離された細菌

Bacteria isolated from the different developmental stages and larval organs of the obligate parasitic fly, Wohlfahrtia magnifica (Diptera: Sarcophagidae).

  • E M Tóth
  • E Hell
  • G Kovács
  • A K Borsodi
  • K Márialigeti
PMID: 16382282 DOI: 10.1007/s00248-005-0090-6.

抄録

Wohlfahrtia magnifica (Diptera: Sarcophagidae) は、ユーラシア大陸全体で重要な家畜の主要なミイラ症の原因となるハエであり、本研究では、このハエから好気性条件下で分離された培養菌のデータを取得することを目的とした。本研究の目的は,このハエから好気性条件下で分離された培養可能な細菌のデータを得ることであった。支配的な細菌群間の拮抗作用の可能性を判断するために、抗バイオシスアッセイを実施した。細菌のプレーティングおよび単離は、古典的な微生物学的方法で行った。単離された菌株の特性評価は、多相的なアプローチで行われた。ウジ虫の浸食サンプルでは,Enterobacteriaceae(Enterobacteriaceae)属に属する菌が特徴的であった.また、プロテオバクテリアのガンマ細分割に属する新属(Schineria)も分離された。これらのデータによると,幼虫内でのSchineriaとProteusの個体数の変化は,幼虫同士の相互作用やEnterobacteriaceaeのメンバー間の相互作用に強く影響されていることが示唆された.サナギやイマゴのサンプルには、他にもいくつかのグラム陰性菌(Stenotrophomonas、Brevundimonasなど)が含まれていた。グラム陽性菌の中では、すべてのウジ虫の浸食サンプルにおいて、バチルス属とアルストロバクター・ミクロコッカス属の放線菌が優占していた(いずれも他の微生物の化合物を生産したり、他の微生物の化合物に感応したりすることはなかった)ほか、コリネバクテリウム属に関連する菌も認められた。幼虫からはAureobacterium liquefaciensとEnterococcus faecalis、蛹からはDietzia marisとEnterococcus faecalisが分離された。第3期幼虫器官のサンプルでは、第3期幼虫の裂孔サンプルと同様の優占群が観察されたが、複数の属・種(Rhodococcus fascians、Streptomyces sp.、Rathayibacter sp.、Bacillus thuringiensis/cereus)が追加で観察された。

Wohlfahrtia magnifica (Diptera: Sarcophagidae) is the major myiasis-causing fly species in the whole of Eurasia for most important domestic animals. The aim of the present work was to obtain data on the culturable bacteria isolated under aerobic conditions from this fly: bacteria were isolated from all developmental stages (larvae, pupa, and imago) of Wohlfahrtia magnifica, and the third-stage larval organs were also sampled. To determine the possible antagonistic effects between the dominant bacterial groups, an antibiosis assay was carried out. Plating and isolation of bacteria was performed by classical microbiological methods. Characterization of the isolated strains was carried out via a polyphasic approach; classical phenotypic tests, chemotaxonomical examinations, and 16S rDNA sequence analyses were also applied. In the case of maggot macerate samples, members of the family Enterobacteriaceae were characteristic. Members of a new genus (Schineria) belonging to the gamma subdivision of proteobacteria were also isolated. According to our data, the shifts in the Schineria and Proteus populations within the larvae are strongly influenced by their interactions with each other and among the members of the family Enterobacteriaceae. The pupa and imago samples contained several other Gram-negative bacteria (Stenotrophomonas, Brevundimonas, etc.). Among Gram-positive bacteria, in all maggot macerate samples, members of the genus Bacillus and the Arthrobacter-Micrococcus group of actinobacteria were dominant (neither of them was a producer or sensitive to the compounds of other microorganisms), and bacteria related to the genus Corynebacterium were also found. From the larvae Aureobacterium liquefaciens and Enterococcus faecalis were isolated, and from the pupae Dietzia maris and Enterococcus faecalis. In the samples of third-stage larval organs, the dominant groups were the same as in the third-stage larval macerate sample; however, several additional genera/species were observed (Rhodococcus fascians, Streptomyces sp., Rathayibacter sp., Bacillus thuringiensis/cereus).