会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

歯科医師登録をすると、DOCTORトークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

ブラジル・リオデジャネイロ州に生息するグレイトトリガーフィッシュBalistes capriscus Gmelin, 1789とクイーントリガーフィッシュB. vetula Linnaeus, 1758 (Osteichthyes: Balistidae)のメタゾアン寄生の群集生態 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Rev Bras Parasitol Vet.2005 Apr-Jun;14(2):71-7.

ブラジル・リオデジャネイロ州に生息するグレイトトリガーフィッシュBalistes capriscus Gmelin, 1789とクイーントリガーフィッシュB. vetula Linnaeus, 1758 (Osteichthyes: Balistidae)のメタゾアン寄生の群集生態

Community ecology of the metazoan parasites of the grey triggerfish, Balistes capriscus Gmelin, 1789 and queen triggerfish B. vetula Linnaeus,1758 (Osteichthyes: Balistidae) from the State of Rio de Janeiro, Brazil.

  • Dimitri R Alves
  • Aline R Paraguassú
  • José L Luque
PMID: 16153348

抄録

2001年4月から2003年5月までにブラジルのリオデジャネイロ州(南緯21-23度、西経41-45度)の沿岸域で採集したグレイトリガーフィッシュBalistes capriscus Gmelin, 1788の66標本とクイーントリガーフィッシュB. vetula Linnaeus, 1758(Osteichthyes: Balistidae)の30標本を壊死解剖し、メタゾアンに寄生しているかどうかを調査した。すべての魚に少なくとも1種の寄生虫が寄生していた。その結果、寄生種は27種(B. capriscusで22種、B. vetulaで15種)が採集された。10種の寄生種は2つの宿主種に共通していた。また、寄生虫の種類は、B. capriscusが16種、b. vetulaが7種で、それぞれ新宿主として記録された。Hypocreadium biminensisとTaeniacanthus balistaeはブラジルで初めて記録された。その結果,寄生率が最も高く,寄生量も多かったのはコペポッドのT. balistaeと線虫のContracaecum sp.であった。その結果,B. capriscusとB. vetulaのメタゾアン寄生虫は典型的な分布パターンの集合体であった。また、成体のエンドパラサイトのインフラコミュニティでは、平均個体数と寄生種の豊富さが最も高い値を示した。また,寄生種の豊富さ,標本数,平均Berger-Parker指数には有意な差が認められた。

Sixty-six specimens of grey triggerfish Balistes capriscus Gmelin, 1788 and thirty specimens of queen triggerfish B. vetula Linnaeus, 1758 (Osteichthyes: Balistidae) collected from the coastal zone of the State of Rio de Janeiro (21-23 degrees S, 41-45 degrees W), Brazil, from April 2001 to May 2003, were necropsied to study their metazoan parasites. All fish were parasitized by at least one parasite species. Twenty-seven parasites species were collected: 22 in B. capriscus and 15 in B. vetula. Ten parasite species were common to the two host species. Balistes capriscus and B. vetula were a new host record for 16 and seven parasite species, respectively. Hypocreadium biminensis and Taeniacanthus balistae were recorded for the first time in Brazil. The copepod T. balistae and the nematode Contracaecum sp. were the dominant species with highest parasitic prevalence and abundance in the parasite community of B. capriscus and B. vetula, respectively. The metazoan parasites of B. capriscus and B. vetula showed typical aggregated pattern of distribution. The infracommunities of adult endoparasites showed highest values of mean abundance and parasite species richness. The parasite species richness, the total number of specimens and the mean Berger-Parker's index of the infracommunities of B. capriscus and B. vetula showed significant differences.