会員登録をお勧めします。無料です。

WHITE CROSSは若手歯科医師の3人に1人が登録する、国内最大級の歯科向け情報サイトです。
歯科医師をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

無料の会員登録で、以下の機能がご利用いただけるようになります

お役立ちツール

コミュニティ

歯科医師登録をすると、DOCTORトークや記事へのコメント、統計への参加や結果参照など、ユーザー様参加型コンテンツへアクセスできます。

論文検索

論文検索

日本語AIで読むPubMed論文検索機能へ自由にアクセス可能です。

ライブセミナー

ライブセミナー

LIVEセミナーやVODによるWebセミナーへの視聴申し込みが可能です。
※別途視聴費用のかかるものがあります。

中国の分子生物学的診断技術を用いたバルテロネラ感染症の研究 | 日本語AI翻訳でPubMed論文検索 | WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

日本語AIでPubMedを検索

PubMedの提供する医学論文データベースを日本語で検索できます。AI(Deep Learning)を活用した機械翻訳エンジンにより、精度高く日本語へ翻訳された論文をご参照いただけます。
Zhonghua Liu Xing Bing Xue Za Zhi.2004 Jul;25(7):602-6.

中国の分子生物学的診断技術を用いたバルテロネラ感染症の研究

[Study on Bartonella infection using molecular biological diagnostic techniques from China].

  • Dong-mei Li
  • Dong-zheng Yu
  • Qi-yong Liu
  • Rong Hai
  • Bing-heng Guo
PMID: 15308042

抄録

目的:

Bartonella属の種に関連する特定の遺伝子を検出するポリメラーゼ連鎖反応(PCR)法を確立し,両肺に肺炎を合併した猫ひっかき病(CSD)が臨床的に疑われる症例を診断することを目的としている.バルトネラ感染症の出現により、臨床診断や疫学調査を行うためには、属・種の検出と同定のためのツールが必要となる。

OBJECTIVE: To establish polymerase chain reaction (PCR) technique for the detection of specific genes related to species of genus Bartonella, and for diagnosing clinically suspected cat-scratch disease (CSD) case complicated with pneumonia on both lungs. The appearance of Bartonella infectious diseases calls for genus and species detection and tools for identification in order to make clinical diagnosis and carry on epidemiological studies.

方法:

1組のプライマーTIle.455p-TAla.885nは、Bartonella属の16S-23S rRNA遺伝子間スペーサー(ITS)中のtRNA(Ile)-tRNA(Ala)遺伝子間スペーサー領域が、完全に保存されたtRNAエンコード遺伝子に挟まれた高可変配列であることに基づいて設計されています。16S-23S rRNAは、他の細菌で報告されているものよりも長かった。公表されている2対のプライマーを用いて、ヒト血液からのBartonella種DNA抽出物の特異的遺伝子断片を直接検出し、次いでPCR産物のシークエンシングおよびヌクレオチド塩基配列解析を行った。

METHODS: One pair of primer TIle.455p-TAla.885n was designed based on the fact that tRNA(Ile)-tRNA(Ala) intergenic spacer region in 16S-23S rRNA intergenic spacer (ITS) of genus Bartonella were high variable sequences flanked by completely conserved tRNA-encoding genes. 16S-23S rRNA was longer than that which had been described in other bacteria. Two published pairs of primers were used to directly detect the specific gene fragments of Bartonella species DNA extracts from human blood, followed by PCR product Sequencing and nucleotide base sequence analysis.

結果:

3組のプライマーの増幅産物は,Bartonella spp.の予測サイズと同じであった. 電気泳動バンクの長さが異なることから,陽性対照とは異なるBartonella属の種であることが確認された.配列解析の結果、プライマーTIle.455p-TAla.885nのPCR産物のヌレオチド配列は、中国雲南省から分離されたBartonellaと同一であった。

RESULTS: Amplification products of the three pairs of primers had the same predicted size of those in Bartonella spp. According to the different length of electrophoresis bank, the sample was identified as a species of genus Bartonella other than the positive control. Sequence analysis showed that the nuleotide sequence from the PCR product of primer TIle.455p-TAla.885n was identical to the Bartonella isolated from Yunnan in China.

結論:

PCR法は,ヒトや哺乳類宿主,節足動物のベクターに病原性のあるBartonella種を検出するための簡便かつ迅速な方法である.本研究では,この病原性Bartonella種が中国北部および南部の患者に存在することが示唆された.

CONCLUSIONS: PCR-based assay provided a simple and rapid means to detect pathogenic Bartonella species in humans and mammalian hosts as well as in arthropod vecters. This study suggested that this pathogenic Bartonella species existed in patients in northern and southern parts of China.