伊勢保健衛生専門学校 

三重
伊勢保健衛生専門学校は、看護師および歯科衛生士をめざす者に、知識、技能を習得させるとともに、豊かな人間性を養い、広く社会に貢献することのできる有能な人材を育てることを目的としています。

本校は、昭和44年に看護師を養成する学校として設立され、更に昭和58年歯科衛生学科を併設し、建学の精神である「豊かな人間性」を身につけた看護師や歯科衛生士を社会に送り出しています。

社会の変化に伴い、高度な医療に対する知識と技術および、人々の多様な価値観に対応できる幅広い人間性が要求される時代になってきました。医療に対する専門知識はもちろんのこと、資質の高い看護師・歯科衛生士の養成が求められています。本校も社会の要請に応えるべく、教育内容の充実に努めています。

学校の環境は、四季折々の自然の美しい変化に溢れ、又、歴史的ロマンの香りも豊かな倉田山の一角に位置し、学習環境としては極めて恵まれており、明るく家庭的な学校生活の中に、明日の看護師や歯科衛生士を目指して学生達は学習や実習に取り組んでいます。