口腔内スキャナを用いたデジタル時代の補綴治療と自費率アップセミナー - WHITE CROSS 歯科医療従事者専用サイト

近年、口腔内スキャナ(以下IOS:Intra Oral Scanner)の性能は著しく向上し、デジタルデンティストリーは日進月歩の発展を見せています。デジタルをチェアサイドで活用することで、患者のチェアタイムと来院回数の短縮や不快感の減少など、患者利益にも繋がります。また歯科医師や技工士にとっては材料の削減や作業時間の短縮に繋がり、双方にとっても多大な恩恵をもたらします。本講演では、デジタルツールを駆使した経営戦略にはじまり、その運用法や医院経営、技工所との連携など、多角的にお話しいたします。

IOSの導入によって日常臨床がどう変わるのか、臨床例を供覧しデジタルワークフローを追いながら解説します。

Topics
◇デジタルがもたらす歯科医院経営の変革
◇IOSの運用方法
◇デジタルを用いたインプラント治療
◇補綴のデジタル化

★★★ IOS実機のデモンストレーションを行います。 ★★★

口腔内スキャナを用いたデジタル時代の補綴治療と自費率アップセミナー

デジタルの臨床応用の利点と課題

  • 日時

    5月10日(日)10:00〜16:00
    ※新型コロナウイルス感染拡大防止のため延期(開催日未定)

  • 会場

    ゲートシティ大崎 ルームC
    東京都品川区大崎1丁目11-1

  • 費用

    16,500円(税・昼食込)

  • 定員

    30名

  • 対象

    歯科医師

  • 内容

    技工・デジタル・CAD/CAM、経営・マネジメント

申込み
シェア
LINEで送る