インプラント治療の知識と手法・ツール - WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

インプラント治療はその臨床的有効性が広く認知され、歯科治療に欠かせない選択肢となりました。またその適応症の拡大のために、様々な手法が開発されてきました。しかしながら、それらの手法は特異的な知識とテクニックを必要とする事が多く、臨床応用にはハードルが高いと言えます。
そこで本セミナーでは、その手法の中でも臨床的頻度が比較的高いと思われる、ソケットプリザベーションや埋入部位の骨が不足しているケース、上顎骨の高さが不足するケース等を中心に解説します。
また、インプラントの良好な予後を獲得するために必要な手技・各種ツールや新世代のインプラントシステムについて、症例を通して解説したいと思います。

トピックス
◇経年的な骨吸収が少なく、予知性の高いインプラント処置を行うために必要な考え方と技術(基本への回帰)
◇IS-Ⅱactive インプラントの特徴と使用方法
◇抜歯窩に骨を確実に造成させるには(Socket Preservation)
◇安全で確実なソケットリフトの手法(SCAキットの使用方法
◇絶対に揃えておきたい、インプラント治療に必要なツール

インプラント治療の知識と手法・ツール

良好な予後・安心できるインプラント治療

  • 日時

    8月2日(日)9:00〜14:00

  • 会場

    博多バスターミナル会議室9F 第9ホール
    福岡市博多区博多駅中央街2-1

  • 費用

    16,500円(税・昼食込)

  • 定員

    30名

  • 対象

    歯科医師

  • 内容

    口腔外科・インプラント・歯科麻酔

申込み
シェア
LINEで送る