船木 弘

歯科医師
2001年 日本大学松戸歯学部 卒業
2001年 二ツ木歯科医院(千葉県松戸市)勤務
2004年 日比谷歯科医院(東京都足立区)開業
2013年 日本大学松戸歯学部歯内療法講座入局 博士課程

京セラインプラント 公認インストラクター、IPOI 近未来オステオインプラント学会 専門医、DGZI 国際インプラント学会 認定医、日本顎咬合学会 認定医、SHILLA System咬合研究会 インストラクター、OJ 正会員、日本口腔インプラント学会 会員、日本補綴歯科学会 会員、AAP 会員、経基臨塾 メンバー
日本大学松戸歯学部卒業後、足立区の住宅地にて地域密着型の歯科医院を開設。受診する患者の多くは紹介患者で、日々の臨床ではインプラント・ペリオ・エンド・矯正が複雑に絡む全顎治療を主に行っている。インプラントに関しては京セラインプラントの公認インストラクター、咬合に関しては阿部晴彦先生を師としてSHILLA Systemのインストラクターとしても活動し、SHILLA Systemによる咬合論を主軸に咬合治療に従事。
現在は日本大学松戸歯学部の歯内療法科にも所属し、エンドの研究も行っている。