西田 亙

医師・日本糖尿病学会専門医・医学博士
1988年 愛媛大学医学部 卒業
1993年 愛媛大学大学院医学系研究科 修了 (医学博士)
1994年 愛媛大学医学部 第二内科 助手
1997年 大阪大学大学院医学系研究科神経生化学 助手
2002年 愛媛大学医学部附属病院臨床検査医学(糖尿病内科))助教
2008年 愛媛大学大学院医学系研究科分子遺伝制御内科学(糖尿病内科)講師
2012年 にしだわたる糖尿病内科 開院
愛媛大学医学部を卒業し、糖尿病内科専門医として臨床・研究に携わる。口腔の感染制御が全身の健康に寄与することを自身でも体感し、以後口腔ケアの重要性、医科歯科連携の必要性を、医師の立場から医科界・歯科界・国民へ情報発信。糖尿病専門医として臨床に従事する傍ら、日本全国で講演・啓発活動を行っている。