辻本 恭久

歯科医師・歯学博士
1983年 日本大学大学院松戸歯学研究科 修了
1983年 日本大学松戸歯学部歯内療法学講座 助手
1986年 同上 専任講師
1987年 米国 Forsyth Dental Center 客員研究員
1995年 日本大学大学院 教員
2005年 松本歯科大学第二歯科保存学講座 教授
2006年 日本大学松戸歯学部歯内療法学講座 助教授
2007年 同上 准教授
2010年 同上 診療教授
2011年 日本顕微鏡歯科学会 会長
2015年 関東歯内療法学会 会長
卒業後、アカデミアにおけるキャリアを歩む。米国 Forsyth Dental Center客員研究員などを経て、日本大学松戸歯学部歯内療法学講座 診療教授に就任する。2016年より、同大学においてマイクロスコープ特診外来を立ち上げる。歯内療法を担当し、マイクロスコープ歯科治療の技術的に優れた保存専門医、補綴専門医とともに総合的な治療を提供する。また、日本顕微鏡歯科学会の会長として、顕微鏡歯科治療を牽引する。