国内最大級の歯科向け情報サイト WHITE CROSSへアクセスしようとしています。

あなたは歯科・医療関係者ですか?

WHITE CROSSは歯科・医療関係者に向けて、良質な歯科医療情報を提供することを目的とした会員制サイトです。
一般の方への情報提供を目的としたサイトではありませんのでご了承ください。

WHITE CROSSは歯科医師の3人に1人が利用する、国内最大級の歯科専門情報サイトです。歯科医師や歯科衛生士、歯科技工士をはじめ、医療関係者の皆様へ最新の歯科医療臨床・経営、ニュース、セミナー情報などを配信しています。

新版 顎関節症はこうして治す - WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

新版 顎関節症はこうして治すの画像です
長年、顎関節に関する基礎的・臨床的な研究を行い、顎関節症患者を数多く治療してきた著者による、これまでの経験や症例をまとめた書籍『顎関節症はこうして治す』シリーズのリニューアル版。

顎関節症の病態分類に適応した運動療法・アプライアンス療法の詳細や実践法、実際の症例などを、多彩な写真とイラストでわかりやすく紹介している。

新版では、難しいとされる運動療法の手技に関するウェブ動画(QRコード付き)を収載。歯科医師が行う「プロフェッショナルケア」、患者に実践してもらう「セルフケア」計14本を、著者のナレーション付きで丁寧に解説している。スマートフォンやタブレットなどからも簡単に確認でき、臨床現場で役立てることができる。

顎関節症の診断と治療のヒントが満載の一冊。
第Ⅰ章 顎関節症とはどんな病気?
1 はじめに
 1 顎関節症における最近の動向と対応の仕方
2 顎の構造
 1 骨のしくみ
 2 筋肉のしくみ
 3 靱帯のしくみ
 4 神経・血管のしくみ
coffee break「顎関節の解剖」
3 顎関節症の病態分類
 1 咀嚼筋痛障害(顎関節症Ⅰ型)
 2 顎関節痛障害(顎関節症Ⅱ型)
 3 顎関節円板障害(顎関節症Ⅲ型)
 4 変形性顎関節症(顎関節症Ⅳ型)
coffee break「顎関節症の病態分類(旧・症型分類)について」
4 顎関節症の考え方と診断・治療
 1 顎関節症診断・治療の流れ
 2 臨床的系統診断法
 3 治療
coffee break「顎関節症治療における過去の反省」
coffee break「心身医学的要因による諸症状への対応と考え方、SSRI、SNRI とは」
coffee break「顎関節症治療における、咬合に対する最近の考え方」coffee break「顎関節症の診断と治療ー若年者・高齢者の相違点」

第Ⅱ章 運動療法とアプライアンス療法の実際
1 運動療法
 1 プロフェッショナルケア(術者の行う運動療法)
 2 セルフケア(術者の指導により患者自身の行う運動療法)
coffee break「ロックが解除されたら、ただちにアプライアンスを作製する必要性」
coffee break「プロスポーツ選手の噛みしめ力」
2 アプライアンス療法
 1 アプライアンス療法、その考え方と治療目標
 2 アプライアンス療法の種類とその適応症
 3 アプライアンスの簡便な作製法
 4 アプライアンスの調整法
 5 アプライアンスの離脱法
 6 アプライアンス療法の適応とならない症例
coffee break「就寝時の頭のポジションをチェック!」
coffee break「なぜ直接法でアプライアンスを作製するようになったのか。そしてなぜオストロンを使うのか? ①②」

第Ⅲ章 やってみよう! 運動療法とアプライアンス療法
1 運動療法①プロフェッショナルケア(術者の行う運動療法)
プロフェッショナルケア1
 徒手的顎関節授動術(マニピュレーション)①左側
 徒手的顎関節授動術(マニピュレーション)②右側
プロフェッショナルケア2
 モビライゼーション
プロフェッショナルケア3
 ストレッチ療法①顎関節のストレッチ
 ストレッチ療法②咀嚼筋群のストレッチ
 ストレッチ療法③関連筋群のストレッチ
プロフェッショナルケア4
 筋・筋膜トリガーポイントに対する徒手療法
プロフェッショナルケア5
 マッサージ療法①咬筋の平圧法マッサージ
 マッサージ療法②側頭筋の平圧法マッサージ
 マッサージ療法③顎二腹筋の平圧法マッサージ
 マッサージ療法④胸鎖乳突筋の挟圧法マッサージ
2 運動療法②セルフケア(術者の指導により患者自身の行う運動療法)
セルフケア1
 筋訓練療法(筋力増強訓練)
セルフケア2
 開閉口運動療法①顎関節可動化訓練
 開閉口運動療法②関節円板整位訓練
 開閉口運動療法③左右協調性可動化訓練
セルフケア3
 自己牽引療法
セルフケア4
 マッサージ療法
3 アプライアンス療法
 1 スタビライゼーション型アプライアンス
 2 セラピューティックポジションの求め方
 3 下顎前方整位型アプライアンス
 4 改良型ピボットアプライアンス

第Ⅳ章 こんな症例にはこんな治療
症例1 咬筋部の痛みと下顎臼歯部の鈍痛を訴えた症例/顎関節症Ⅰ型
症例2 下顎角後縁、耳介下部の鈍痛と圧痛を訴えた症例(長期にわたり筋痛・筋力低下が顕著であった症例)/顎関節症Ⅰ型
症例3 フランスパンの咀嚼を契機に顎関節部に疼痛を訴えた症例/顎関節症Ⅱ型
症例4 学校歯科健診で、クリックと顎の違和感を訴えた症例/顎関節症Ⅲa型
症例5 クリック発生時に疼痛を認める症例/顎関節症Ⅲa型
症例6 突発的な開口障害と左の顎関節部の疼痛を訴えた若年症例/顎関節症Ⅲb型
症例7 激痛を伴う突発的な開口障害を有する症例/顎関節症Ⅲb型
症例8 噛みしめ時に顎関節部の激痛を訴え、長期にわたり開口障害をきたした症例/顎関節症Ⅳ型
症例9 咀嚼時・会話時に口が開けられなくなることが多く、顎の痛みを訴えた症例/咬筋ジストニア(+顎関節症Ⅲa型):鑑別を要する症例

第Ⅴ章 病態別の統計まとめ
1 病態別の運動療法とアプライアンス療法の実際
 1 対象症例
 2 病態別症例数
 3 症状別での運動療法およびアプライアンス療法の実際

新版 顎関節症はこうして治す

すぐできる診断法と治療の実際
  • 著者

    田口 望

  • 出版社

    永末書店

  • ページ

    200ページ

  • サイズ

    B5判

  • ISBN

    978-4816014079

  • 価格

    9,900円(税込)

買い物かごに入れる