今後を見据えた 歯科医療提供体制の検討及び歯科保健医療の提供について / WHITE CROSS編集部 - WHITE CROSS 歯科医師向け情報サイト

6月19日に厚生労働省医政局歯科保健課より、「今後は院内感染防止対策に取り組みつつ、歯科医療提供体制を維持することが必要になる」という文書が交付されたことを受け、報告する。
 
 
要約
4月6日の事務連絡では、歯科治療は歯科医師の判断により応急処置に留め、緊急性のない治療の延期を求められた。
今回の文書では、「新しい生活様式」において、歯・口腔 の健康の保持・増進を図ることは重要であることから、今後は新型コロナウイルス感染症が再拡大した場合を見据えた感染防御資材の確保等の歯科医療提供体制を整えることが求められている。具体的には、関連学会の考え方や、「一般歯科診療時の院内感染対策に係る指針(第2版):外部リンク」を参考に、標準予防策と適切な感染予防策を講じることとされている。
 

一般歯科診療時の院内感染対策に係る指針(第2版)より画像のスクリーンショット
全19の質疑応答形式で、…
新規登録・ログインして全文を読む

続きを読むには会員登録(無料)が必要です
登録によりWHITE CROSSの他サービスもご利用いただけます

執筆者

WHITE CROSS編集部

WHITE CROSS編集部

臨床経験のある歯科医師・歯科衛生士・歯科技工士・歯科関連企業出身者などの歯科医療従事者を中心に構成されており、 専門家の目線で多数の記事を執筆している。数多くの取材経験を通して得たネットワークをもとに、 歯科医療界の役に立つ情報を発信中。

LINEで送る

記事へのコメント(0)

人気記事ランキング

おすすめのセミナー